つげ義春の一覧

「つげ義春」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/09/17更新

蟻地獄・枯野の宿
  • ブラウザ試し読み

新版 つげ義春とぼく
  • ブラウザ試し読み

新版 貧困旅行記
  • ブラウザ試し読み

無能の人・日の戯れ
  • ブラウザ試し読み

義男の青春・別離
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 義男の青春・別離
    救いようのない状況なのに、どこか飄々と、それを他人事のように、時にバカバカしいユーモアをも交えながら描く、これこそ、つげ義春ワールド。
    絵の一種のしつこさも好きだ。
  • 無能の人・日の戯れ
    最後の「無能の人」を除けば、短編の漫画集。

    【退屈な部屋】
    日常と離れるために、偽名を使って、外にアパートを借りる。が、妻に気づかれる。妻は怒るでもなく、部屋を掃除してくれ、また、住むことが出来るように、整えてくれる。
    それは、新たな、退屈な日常となる。
    【魚石】
    つげ義春の、旅行記によく出てくる...続きを読む
  • 無能の人・日の戯れ
    20年ぶりくらいで読み返したけどやはりいいですね。「隣りの女」とか、「蒸発」とか、昔読んだときよりも良さが増してる気がする
  • つげ義春大全 第十六巻 ねじ式 ゲンセンカン主人
    20200606
    ベタ墨の闇を見つめる至福。論じるより、その世界を味わうべし。

    「ねじ式」「ゲンセンカン主人」をはじめ、つげ義春の真髄を余すところなく詰め込んだ至高の大全集クライマックス。「長八の宿」「ほんやら洞のべんさん」もそこはかとなく、よい。
  • 無能の人・日の戯れ
    つげ義春についてはよく知らないのだが、何とも言えない画風と陰鬱とした世界に引き込まれる。どの物語の主人公も貧乏で仕事をするでもなく、怠惰の極致だ。そして全編において妙なエロさがある。その辺の石を売る男、ただただ病人のふりをして働こうとしない男など、いずれも世俗の最底辺にいる人たち。しかしどこか憎めな...続きを読む