つげ義春の一覧

「つげ義春」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/04/28更新

蟻地獄・枯野の宿
  • ブラウザ試し読み

新版 つげ義春とぼく
  • ブラウザ試し読み

新版 貧困旅行記
  • ブラウザ試し読み

無能の人・日の戯れ
  • ブラウザ試し読み

義男の青春・別離
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 無能の人・日の戯れ
    つげ義春についてはよく知らないのだが、何とも言えない画風と陰鬱とした世界に引き込まれる。どの物語の主人公も貧乏で仕事をするでもなく、怠惰の極致だ。そして全編において妙なエロさがある。その辺の石を売る男、ただただ病人のふりをして働こうとしない男など、いずれも世俗の最底辺にいる人たち。しかしどこか憎めな...続きを読む
  • 新版 貧困旅行記
    巻頭に昭和45年当時の鄙びた山村、漁村、温泉宿の写真が載せられるが、もはや探しても見られなくなった絶滅風景か。ここ写る子どもたちは、そうか、ちょうど自分と同じくらいの年齢なわけだ。かつて、未舗装路に並ぶ掘っ立ては我がまちにもあったが、ここまで寂れて侘しい風景は記憶にあるような、ないような。わずかばか...続きを読む
  • 新版 貧困旅行記
    「失踪」に憧れ、
    全国を広範囲でうろうろしているはずなのに、
    何故か
    『日常』から逃れられないつげさん。

    彼が描く異世界に何故か既視感を覚えてしまうのは
    そういうとこが原因か??
  • 無能の人・日の戯れ
    いましめとして。

    つげさんの作品は読む人それぞれの解釈があって、
    独特の表現がすごく好き。

    毒々とした皮肉をスマートに語る人だなぁと思います。

    息子の顔がブラックジョーク(ひどいか)
  • 無能の人・日の戯れ
    なんだこれは!? 人間がたくさん着ている見栄や恥などを1枚1枚はがしていったら、こんな本心が現れるのかも?と思いつつ、戸惑った。 読み終わったら、どんよりした物語なのになぜだか爽快感さえ感じる。 すごいな。 最後に吉本隆明の解説があり、読むとフムフムとわかってくるが却って読まずに自分の未熟な頭と心か...続きを読む