佐藤卓己の一覧

「佐藤卓己」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/01/24更新

ユーザーレビュー

  • 天下無敵のメディア人間―喧嘩ジャーナリスト・野依秀市―
    1997年をピークに二十年以上発行部数を減らし続けている日本の雑誌。このアンダーコロナの時代に紙をやめてWEBだけに移行する雑誌も多々あると聞きます。日本に限らず世界的にも雑誌というメディアは「老年期」を迎えているのかもしれません。(そうじゃない!と、サバイブへ向けてのトライをしている雑誌からは怒ら...続きを読む
  • 歴史学
    メディア史の泰斗、佐藤氏が自身がいかにして歴史家になったかを振り返っている。
    教訓的なジャーナリズム史から実証的なマスコミュニケーション史、そして批判的歴史学のメディア史へ。未来への問いを含むメディア史は歴史学のフロンティアであり、そこに可能性を感じるとも。
    氏の研究遍歴が豊富なエピソードとともに語...続きを読む
  • 天下無敵のメディア人間―喧嘩ジャーナリスト・野依秀市―
    近現代日本のジャーナリズム史を見る上で極めて重要な人物だと思われるが、その活動範囲の広さや胡散臭さ、誤解などなどの理由によってほとんどまともに取り上げられてこなかった野依秀市の本格的研究書である。〝メディア人間〟として野依という佐藤氏の把握にはまったく同意。元祖ブラックジャーナリズムの野依として切り...続きを読む
  • 歴史学
    [ 内容 ]
    情報化、グローバル化が加速するメディア社会。
    公議輿論の足場として、歴史的教養の重要性はますます高まっている。
    しかし、こうした現実の課題に対して、「大きな物語」が失われたあと、これまでの歴史学は充分に応えてきただろうか。
    公共性の歴史学という視点から、理性的な討議を可能にする枠組みと...続きを読む
  • 流言のメディア史
    メディアはどうあるべきか、「何をどのように伝えたのか」から考える。

    フェイクニュースは、SNSが発展したから生まれたのではない。SNSがすべての悪の権化ではない。とかく新しいもの=悪者にしたがる自分を反省した。史料の引用も多く、簡単には読み進められなかったが、筆者の言わんとするところは明確に説明さ...続きを読む