堀内進之介の一覧

「堀内進之介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2022/09/16更新

ユーザーレビュー

  • 感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか
    知らず知らずのうちに情報操作に引っかかってしまったり、社会や周囲のムードに流されやすいことを情けなく思っている身であるがゆえに、この本は心に沁みるものがあった。とはいえ、たまたま衆議院選挙の直後に読んだので、感情に翻弄される日本の政治が哀れに思えた。
  • 感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか
    ■ダニエル・カーネマンは人間が何かしらの情報を処理する過程は,感情(システム1ファスト),理性(システム2スロー)の二つのシステムからなっており,理性(システム2)は期待されるほどには優れておらず,むしろ感情(システム1)に左右されていることを明らかにしている。
    ■「選択肢が増えすぎると人はむしろ何...続きを読む
  • 感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか
    行動経済学×政治社会学。アダム・スミスからエマニュエル・トッドまで。まるでイギリスEU離脱やトランプ当選後に書かれたような文章があるが、刊行はそれより前。
  • データ管理は私たちを幸福にするか?~自己追跡(セルフトラッキング)の倫理学~
     人間を取り巻く情報。それらはどのように本人が利用できるのか。どんなリスクがあるのか。

     そこにはどんな配慮が必要とされるか。

     本書は豊富な引用と事例をもとにそれらの問題を浮き彫りにする。

     「高く飛ぶな。しかし、低くも飛ぶな」はイカロスに与えた、父ダイダロスの言葉、という。この言葉の通り、...続きを読む
  • データ管理は私たちを幸福にするか?~自己追跡(セルフトラッキング)の倫理学~
    人はそもそもダメなものゆえ、トラッキング技術を使ってよりよい人生を送ろうという視点には気づかされることが実に多かった。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!