「岡部宏之」おすすめ作品一覧

「岡部宏之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:岡部宏之(オカベヒロユキ)
  • 生年月日:1931年
  • 出身地:日本 / 静岡県

静岡大学文理学部卒。『飛翔せよ、遙かなる空へ』、『魔法の迷宮』(フィリップ・ホセ・ファーマー)、『混沌の宮廷』(ロジャー・ゼラズニイ)、『拷問者の影』ジーン・ウルフなどの翻訳を手がける。

作品一覧

2016/07/22更新

ユーザーレビュー

  • ファウンデーション
    銀河系全土を一万年以上にわたって支配してきた銀河帝国は、爛熟期から停滞期を超えて、緩やかに衰退しつつあった。
    「心理歴史学」の第一人者ハリ・セルダンは、このままでは帝国が滅亡することを予言し、人類の知識的滅亡を防ぐために帝国中から学者を集めて百科事典を編纂するプロジェクトを開始する。衰退を直視しよう...続きを読む
  • 剣嵐の大地(下)
    だいぶん、勢力図が一気に塗り替えられる感じの動きのある第3部でした。

    一気にピーンと張り切った糸が、もう引っ張りすぎて、バチバチと音を立てて切れていく感じ。
    おもしろいのですが、なんか、悲しいことが多かったなぁという印象です。けっこう、重要人物も、退場したし。
    本当に、誰でも死ぬから、油断できない...続きを読む
  • 剣嵐の大地(上)
    目が覚めた瞬間からはじまるティリオンの悲劇。
    これで、家族と決定的に決別していく感じかなぁ。でも、彼の力のうち、金の力というのは、家に依存している部分なので、どうなることやらです。

    そして、この戦争の結果は、いろんな人の運命を大きく変えていきます。
    ロブしかり、ジェミーしかり、アリアしかり、ダヴォ...続きを読む
  • 剣嵐の大地(中)
    血の婚礼。

    またまた、びといことがおこります。容赦無しやなぁ。

    でも、ティリオン、ロブ、ジョン、ダヴォス、サム、そして、ジェイミーまでが魅力的に見えてくる1巻でもあります。
    そして、ダヴォスが渋いわぁ。
  • 剣嵐の大地(下)
    シリーズ第三弾
    上中下巻の感想

    物語が大きく動いてきた
    主要人物達もドンドンとリタイアしていき、
    今後の展開が気になる

    ただ個人的には国同士の戦争が好きだったので、今後恐らく展開されるであろう異形との戦いが面白いのかどうかでシリーズの評価も異なってくると思う
    続きが読みたい

特集