王狼たちの戦旗〔改訂新版〕(上)

王狼たちの戦旗〔改訂新版〕(上)

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

七王国の空に燦然と輝く、真紅の彗星。それは大戦乱時代の到来を告げていた。前王の死後、王妃の策略どおり〈鉄の玉座〉は少年王ジョフリーが継いだ。だが南部諸侯を率いるレンリーに、異国の神の祭司の力をかりるスタニス--少年王の2人の叔父が自分こそ王であると挙兵したのだ! さらに父を処刑されたスターク家の長男ロブも〈北の王〉として蜂起する……ローカス賞を連続受賞した大河ファンタジイ〈氷と炎の歌2〉、待望の第2部!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(海外)
出版社
早川書房
ページ数
768ページ
電子版発売日
2012年10月26日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

王狼たちの戦旗〔改訂新版〕(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年02月10日

     『七王国の玉座』ではロバート王の死とその友人にして〈王の手〉のエダード・スタークの死までが描かれる。これによってウィスタロスは〈鉄の玉座〉といわれる七王国の玉座を巡って、五王の並立する混乱状態に陥り、他方、エダードの遺児たちはそれぞれ困難に見舞われることになる。

     王の正統性について、現王権バラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月21日

    1部よりもさらにさまざまな人物の視点で描かれているので、細切れになってしまっている感じがしますが、章の終わりごとにぐっと惹き付けるところがあり、読むのを止めることができません。
    アシャが漫画のワンピースにでてきそうな格好いい女海賊で好きです。
    ダヴォスも素敵!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月17日

    読み直しです。
    でも、先のストーリーを知って読んでいても面白い。というか、先のストーリーを知っているからこそ、楽しめる部分というのがあって、これ、本当に名作だと思います。

    そろそろ、第3部のDVD、ブルーレイも出たのかな?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月09日

    改訂新版第2弾。
    章ごとに視点が変わり、各主要人物が描かれていて、
    それぞれに引きこまれてしまう。
    誰もが薄氷を踏むような状況で目が離せない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月11日

    第二部も面白い。こんなに登場人物出てきて複雑なのに面白いってなんだ?ティリオンが一番まともに思える登場人物の曲者ぶりがたまらない。さて、下巻。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月30日

    これ、ほんと登場人物みんながくたびれてるし何かに怯えてるし、この後どうなっていくのか全く読めない話。

    そして主要人物でもあっさり死んでいくので、ほんと、そういう意味でリアル。
    どの登場人物も前巻よりもよりその人の性質が強く描かれるようになって深みがました。
    ティリオンのキャラがとても興味深いし、ス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月19日

    登場人物が非常に多いのでDVDで第一章はすませてしまった方が、大筋の人間関係は分かりやすいと思う。とにかく、アリアが血と汗のストーリー過ぎて壮絶

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年02月16日

     陰謀渦巻く王都での、王の手としてのティリオンの知略戦が楽しいです。
     戦乱に巻き込まれるアリア、虐待に耐えるサンサ、各地で立ち上がる王たち、ますます目が離せない展開です。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年08月29日

    ヨーレンたちがラニスターに襲われた辺り(並行してティリオンがサーセイに優勢)からグングンおもしろくなった。
    ドラマで結構省かれてる(描写されてない)人物関係ある。グレイジョイのとことか、北の諸侯のいざこざとか。
    相変わらず職人や土木系技術者の不在(いないとできないはずのものか割と多い)を感じる。ヴァ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年03月21日

    前巻(七王国の玉座・下)で相当盛り上がったボルテージでしたが、本作ではそれが徐々に徐々に下がって行く感じが…

    大きく動くかと思われた戦局がすっかり停滞。個々の登場人物の小競り合いに終止するだけの展開になってしまい、正直退屈。また、ジョフリー、スタニス、レンリーの三馬鹿王とその側近どものアホさ加減や...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

王狼たちの戦旗〔改訂新版〕 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 王狼たちの戦旗〔改訂新版〕(上)
    七王国の空に燦然と輝く、真紅の彗星。それは大戦乱時代の到来を告げていた。前王の死後、王妃の策略どおり〈鉄の玉座〉は少年王ジョフリーが継いだ。だが南部諸侯を率いるレンリーに、異国の神の祭司の力をかりるスタニス--少年王の2人の叔父が自分こそ王であると挙兵したのだ! さらに父を処刑されたスターク家の長男ロブも〈北の王〉として蜂起する……ローカス賞を連続受賞した大河ファンタジイ〈氷と...
  • 王狼たちの戦旗〔改訂新版〕(下)
    国内に4人の王が入り乱れ、いまや七王国全土に戦乱の嵐が吹き荒れていた。血で血を洗う激しい戦(いくさ)により、民は飢え、貴族たちは兄弟で殺し合い、黒魔導師が暗躍する混沌の時代。さらに〈狭い海〉の向こうの大陸では、前王朝ターガリエン家の末裔が、よみがえったドラゴンたちとともに、〈鉄の玉座〉の奪還に向け、その力をたくわえつつあった……戦いと陰謀に彩られた七王国を舞台に、壮大な群像劇が...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

王狼たちの戦旗〔改訂新版〕 に関連する特集・キャンペーン