「蓮見恭子」おすすめ作品一覧

「蓮見恭子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/08/23更新

ユーザーレビュー

  • 始まりの家
    宇奈月家の四女葉月は、幼少期の病気から子供の産めない身体だった。
    葉月が子供を持つことを考えたことをきっかけに、宇奈月家の大きな秘密が明かされる。

    代理出産という言葉が前面に出ていたので、そういう話かと思っていましたが、結局そこは曖昧なまま。
    家族とは、母とは、という話でしたね。

    母の益美の懐の...続きを読む
  • シマイチ古道具商―春夏冬人情ものがたり―(新潮文庫)
    義父が古道具商を営む町屋へ引っ越した透子と、家族と近しいひとびとの物語。親子関係、片親、ストレスからの病気、我儘な子供と叱れない大人……現代あるあるながら目をそらしておきたくなるテーマを割と突っ込んで描いている。その割に読んでいて気が重くなりすぎないのは、町屋の落ち着いた空気感と、義父の市蔵のブレの...続きを読む
  • シマイチ古道具商―春夏冬人情ものがたり―(新潮文庫)
    なんとなく良さそうだと思い、書店で手に取った作品。作者のことは全く知らなかった。大当たりだったと思う。夫が仕事をやめたことをきっかけにして、義父の古道具屋で暮らすようになった透子が主人公の物語。古道具が持っている落ち着いた雰囲気が書き込まれていて、読んでいて心が和んでくる。古道具をめぐる薀蓄も面白い...続きを読む
  • シマイチ古道具商―春夏冬人情ものがたり―(新潮文庫)
    第一話 男やもめのお点前 ~香合に思いを込めて~
    第二話 数寄者の目 ~お宝の正体~
    第三話 家族の形 ~継がれた陶片~
    第四話 慈しまれた日々 ~父の卓袱台~

    父母との縁薄く夫の病を抱え、二人の子供。頼った夫の実家での様々な経験が自分を見つめ直すきっかけになる。

    お義父さんの考え方、気持ちがい...続きを読む
  • 襷(たすき)を我が手に
    211いつもの挫折からのサクセス育成ものだけど、それでも力が入って読んでしまう。クセみたいなもんか。