シマイチ古道具商―春夏冬人情ものがたり―(新潮文庫)

シマイチ古道具商―春夏冬人情ものがたり―(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

生活を立て直すため、大阪・堺市にある夫の実家「島市古道具商」へ引越し、義父・市蔵と同居をすることになった透子一家。14年間、社会に出ていなかった透子は、慣れない店暮らしに失敗ばかり。それでも道具や集う客の想いに触れて、透子もいつしか人生を見つめ直し始め――。どこか欠けた人たちの瑕も、丸ごと受け入れてくれる場所。古い町家で紡がれる、モノと想いの人情物語。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫nex
電子版発売日
2017年09月29日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

シマイチ古道具商―春夏冬人情ものがたり―(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年03月05日

    古い町家の古道具商。昭和の雰囲気が溢れる話でした。ご近所付き合いも成立していてとてもいいな、と思うけれど、現実になったらきっとすごく大変。父の実家が昔、築百年を軽く超す農家で玄関から裏口まで土間で、囲炉裏もあった。暮らすのにはすごく不便だけど人が集まりやすい家ではあったと思う。それを羨ましいと思った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月14日

    義父が古道具商を営む町屋へ引っ越した透子と、家族と近しいひとびとの物語。親子関係、片親、ストレスからの病気、我儘な子供と叱れない大人……現代あるあるながら目をそらしておきたくなるテーマを割と突っ込んで描いている。その割に読んでいて気が重くなりすぎないのは、町屋の落ち着いた空気感と、義父の市蔵のブレの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月20日

    なんとなく良さそうだと思い、書店で手に取った作品。作者のことは全く知らなかった。大当たりだったと思う。夫が仕事をやめたことをきっかけにして、義父の古道具屋で暮らすようになった透子が主人公の物語。古道具が持っている落ち着いた雰囲気が書き込まれていて、読んでいて心が和んでくる。古道具をめぐる薀蓄も面白い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月14日

    第一話 男やもめのお点前 ~香合に思いを込めて~
    第二話 数寄者の目 ~お宝の正体~
    第三話 家族の形 ~継がれた陶片~
    第四話 慈しまれた日々 ~父の卓袱台~

    父母との縁薄く夫の病を抱え、二人の子供。頼った夫の実家での様々な経験が自分を見つめ直すきっかけになる。

    お義父さんの考え方、気持ちがい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月16日

    天涯孤独になり教師と結婚したのちの三十二歳子持ち主婦な主人公透子がnexらしくなく思えて新鮮。鬱に陥った夫や小学生の実子姉弟よりも同居を始めた古道具商の義父の方が主軸。思い通りに行かない子育て、息子の問題児な友人、記憶の父との和解や襖の中の古い絵等。関西弁の括りの中でも下町的血肉感のある個性が面白い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月13日

    基本的な話の筋は、悪くないと思う。
    が、どうにも登場人物が魅力に乏しくて...(^ ^;

    主人公はいつまでもうじうじしてるし...と思うと
    イキナリ大胆な行動に走ったり(^ ^;
    「影の主役」っぽい古道具店の主は
    すべてを達観しているようでありながら、
    最後の最後にコロッと決断を変えてしまって.....続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています