曽根圭介の一覧

「曽根圭介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/08/30更新

ユーザーレビュー

  • 熱帯夜
    ブラックユーモアなホラー小説。
    今まで読んだ本の中で本作が一番好き。
    熱帯夜のラストに向かって収束していくスピーディーさと最後の言い訳のオチがたまらなく好き。

    特に最後の言い訳は設定もさることながらそのうちの面白さにゾクゾクし、読み終わって爆笑してしまった。
  • 鼻

    どの作品も素晴らしい完成度。
    この作品を読んでから本を読むことが好きになり、自分の好きなジャンルがわかるようになった。

    先日上司にも貸し、高評価だったのか上司の旦那さんにまで読まれた。。。
  • 沈底魚
    ハラハラドキドキの一冊です。
    二転三転するストーリーに翻弄されます。
    本当のスパイは、誰なのか?
    楽しめる一冊です。

  • 藁にもすがる獣たち
    みんな巻き込まれて破滅にまっしぐら。でも戸梶圭太とかに比べるとちょっと明るい感じもあるかな。、あの人のは漏れずに陰惨だから…。とは言っても本書でもみんな死んじゃうんだけどね。
  • 鼻

    久しぶりの読書だったけど、すらすら読めた。難しい文書も無くて、読みやすい。内容は、ホラーに確立されてるけど、幽霊・心霊話じゃないのね。短編三つの中で、一番印象に残ったのが「暴落」。

    野心家で、地位しか頭にない男が個人株価社会(これ、私の造語ですが)で、野心ゆえにどんどん転落していく物語です。ただ、...続きを読む