「曽根圭介」おすすめ作品一覧

「曽根圭介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/03/02更新

ユーザーレビュー

  • 沈底魚
    ハラハラドキドキの一冊です。
    二転三転するストーリーに翻弄されます。
    本当のスパイは、誰なのか?
    楽しめる一冊です。

  • 鼻

    久しぶりの読書だったけど、すらすら読めた。難しい文書も無くて、読みやすい。内容は、ホラーに確立されてるけど、幽霊・心霊話じゃないのね。短編三つの中で、一番印象に残ったのが「暴落」。

    野心家で、地位しか頭にない男が個人株価社会(これ、私の造語ですが)で、野心ゆえにどんどん転落していく物語です。ただ、...続きを読む
  • 本ボシ
    自分と同じ地元出身の著者。その地元が舞台になっている。親しみのある地名や場所、訛りなどになんとも郷愁をそそられた。ストーリーに関しても自分好みの人間ドラマ色の濃い警察小説で、一気読み。確かにエンディングはあっけなかったが、解説を読むとこれもアリなのかな、と思う。それにしても同じ警察小説でもド公安モノ...続きを読む
  • 鼻

    ―――人間たちは、テングとブタに二分されている。
    鼻を持つテングはブタに迫害され、殺され続けている。
    外科医の「私」は、テングたちを救うべく、違法とされるブタへの転換手術を決意する。
    一方、自己臭症に悩む刑事の「俺」は、二人の少女の行方不明事件を捜査している。
    そのさなか、因縁の男と再会...続きを読む
  • 熱帯夜
    ―――タイムリミットは2時間。
    美鈴とボクをヤクザの人質にして金策に走った美鈴の夫は戻ってくるのか?
    ボクは愛する美鈴を守れるのか!?
    緊迫の展開、衝撃のラスト。ミステリとホラーが融合した奇跡の傑作。
    日本推理作家協会賞短編部門を受賞した表題作を含む3篇を収録。


    久々にホラーの新規開拓
    ...続きを読む

特集