「曽根圭介」おすすめ作品一覧

「曽根圭介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/02/25更新

ユーザーレビュー

  • 沈底魚
    ハラハラドキドキの一冊です。
    二転三転するストーリーに翻弄されます。
    本当のスパイは、誰なのか?
    楽しめる一冊です。

  • 工作名カサンドラ
    奥多摩山中で両耳と鼻を削ぎ落された男が発見され、刑事・荻大治郎は事件を追う。だが事態は、ある「極秘文書」の行方とからみ、日本の政治家やスパイ、ホワイトハウス、元自衛隊の狙撃手までを巻き込んでいき…。

    尖閣問題や自衛隊、政権交代など現実の要素を盛り込んで骨太なサスペンスだった。手に汗握るとまでは行か...続きを読む
  • 鼻

    久しぶりの読書だったけど、すらすら読めた。難しい文書も無くて、読みやすい。内容は、ホラーに確立されてるけど、幽霊・心霊話じゃないのね。短編三つの中で、一番印象に残ったのが「暴落」。

    野心家で、地位しか頭にない男が個人株価社会(これ、私の造語ですが)で、野心ゆえにどんどん転落していく物語です。ただ、...続きを読む
  • 本ボシ
    自分と同じ地元出身の著者。その地元が舞台になっている。親しみのある地名や場所、訛りなどになんとも郷愁をそそられた。ストーリーに関しても自分好みの人間ドラマ色の濃い警察小説で、一気読み。確かにエンディングはあっけなかったが、解説を読むとこれもアリなのかな、と思う。それにしても同じ警察小説でもド公安モノ...続きを読む
  • 鼻

    ―――人間たちは、テングとブタに二分されている。
    鼻を持つテングはブタに迫害され、殺され続けている。
    外科医の「私」は、テングたちを救うべく、違法とされるブタへの転換手術を決意する。
    一方、自己臭症に悩む刑事の「俺」は、二人の少女の行方不明事件を捜査している。
    そのさなか、因縁の男と再会...続きを読む

特集