黒い波紋

黒い波紋

作者名 :
通常価格 1,296円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

元刑事の加瀬将造は、孤独死した父親宛てに何者かから毎月30万円の現金が届いていることを知る。さらにアパートを片付けると天井裏から古いVHSのビデオテープが。中身を確かめると、そこに映っていたのは……。江戸川乱歩賞・日本ホラー小説大賞受賞作家、渾身作!

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
ページ数
244ページ
電子版発売日
2018年02月02日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年02月23日

借金取りから逃げ回る日々を送る元刑事・加瀬将造は、孤独死した父のアパートを訪ね、何者かが毎月30万円を送金していたことを知る。さらに天井裏には古いビデオテープが…。

終盤までいい感じの展開で読み応えがありスイスイと読ませた。ただオチの部分はどうだろう?急展開というか、あっけない幕切れというか、何と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月15日

結局登場人物が悪い奴ばかり。どんどん死んでくし。最後まで一気に読んだけれど、強い衝撃はなかったな。政治家の家はこんななのかいな。
それで、田村とつながる”彼”は?
まあ、あと一つ、爺さんの会話の調子は素敵で、気に入りました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年01月03日

キャッチコピーほど驚けなかった、というより、理解が追い付かなかった…。確かに静江の黒さは印象に残るけど。結局黒幕が彼女だ、ということを言いたかったのかな。違う軸が絡んだせいで殺された加瀬がかわいそう…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月03日

犯罪を犯した政治家、臼杵浩太の弱みを握った加瀬将造に近づいて行く生方貞次郎の物語。実は黒幕となる人物がわかるラストまで面白く読めた。この作家の書くミステリーは面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月21日

大恩ある先代の未亡人に頼まれ、どうしようもない世襲の三代目代議士の尻ぬぐいに走る主人公。ラストはどうなるかと思ったが意外にあっさり終了。途中ドラ息子の取り巻きや左翼が乱入してきてごちゃごちゃしてしまったのが残念だったが、際だったのは自分の息子の命に代えても「家」を守ろうとする「おんな」の強さ!

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play