「夏樹静子」おすすめ作品一覧

「夏樹静子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/07更新

ユーザーレビュー

  • 腰痛放浪記 椅子がこわい
    以前読んだことあったけど、最近の私は椅子が怖いので、かぶりつくように読みました。さすがの筆力。記録としても秀逸。ラストがハッピーエンドでなかったら、私のような読者は救われない。つまり、救われました、かなりね。
  • 裁判百年史ものがたり
    日本の近代の歴史の中で、重要な裁判について取り扱われています。さすが小説家、というべきか、通常判例で記載される事実の概要とは異なり、ドラマティックに事実が描かれ、読む者を引き込んでいきます。
    かつ分かりやすく裁判の内容にも切り込んでいて、法学部新入生や法律初学者におすすめ。
  • 心療内科を訪ねて―心が痛み、心が治す―
    「気付く」ことから始まるという。たとえ気付いたとて、自分を変えることは容易でないかもしれないが、自覚していることで、痛みに襲われた際に納得して対処に向かえるはずだ。
  • 女検事 霞夕子 螺旋階段をおりる男
    女検事というと山村美紗かと思って呼んでいました。
    そういえば、女検死官だったと思い直しました。

    話の筋に焦点があたっていて、
    筋の展開が中心になっているのが
    夏樹静子流だということが分かりました。

    テレビドラマが作りやすく、脚色家の腕がふるいやすい原作だと思いました。

    できれば全シリーズ読んで...続きを読む
  • Wの悲劇
    ドラマのCMで強調されていた「入れ代わり」が印象的で、ドラマを見られなかったしという経緯で購入。
    ドラマが原作とは全く違う作品で、「入れ代わり」に期待していた自分として少し残念だったものの、ぐいぐい読ませてくるのに惹かれた。

    殺人を犯した摩子を隠すための偽装工作を有能な刑事が解決する作品に見えたが...続きを読む

特集