夏樹静子の作品一覧

「夏樹静子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/11/12更新

ユーザーレビュー

  • 遠ざかる影
    夏樹静子さんの本は、ずっと昔から読ませていただいていました。どの小説も全く時代遅れを感じさせないのには、驚かされます。このお話も設定は昭和のお話で、現在のようなテクノロジーを駆使している場面は、
    一切無いのに、古臭さを感じませんでした。令和の今読んでも十分に楽しめます。
  • そして誰かいなくなった

    悲劇のヒロイン「桶谷遥」

    僕は「阪神淡路大震災」の前夜にこの推理小説を読みました。「インディアナ号」の7人の乗客全員が、それも「帰って来たヨッパライ」と言う歌みたいな異様な「声」に殺人容疑をかけられて次々と殺されていったのも実は「演技」だったと言うあらすじがとても素晴らしかったです。逆に1人だけ「インディアナ号」から海へ身を...続きを読む
  • 腰痛放浪記 椅子がこわい
    Audibleで聞きました。私自身、腰痛で悩んでいたので、夏樹静子のご自身の腰痛体験を治すためにあらゆる方法を試される過程、最終的には、心身症と闘う入院生活の描写が面白くて一気に聴き入ってしまいました。まずは、今通っているカイロプラクティックを丁寧に続けたいなと思います。
  • 77便に何が起きたか

    初の夏樹静子作品

    僕は年号が「昭和」から「平成」に変わってから間もなく、それも「角川文庫」として古本屋でこの推理小説の文庫本を見つけました。偶然にしてはあまりにも出来すぎているかもしれませんが、この推理小説、山本鈴美香先生の「7つの黄金郷」や萩尾望都先生の「11人いる!」と同じ時期に執筆されました。この推理小説の冒頭...続きを読む
  • そして誰かいなくなった
    面白かった。
    夏樹静子さんはドラマではお馴染みだったがその作品を読むのは初めてだった。
    アガサクリスティのオマージュ作品ということでまぁ古めかしい感じの物語なのかなぁと思って読み始めたが息つく暇もなく一気に読み終えた。
    そして最後のどんでん返しも素晴らしかった。
    タイトルにもただのパロディじゃなかっ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!