「夏樹静子」おすすめ作品一覧

【夏樹静子】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/02/17更新

腰痛放浪記 椅子がこわい
紅い陽炎
432円(税込)
アリバイの彼方に
486円(税込)
家路の果て
432円(税込)
黒白の旅路
540円(税込)
国境の女
378円(税込)
誤認逮捕
432円(税込)
最後に愛を見たのは

ユーザーレビュー

  • 腰痛放浪記 椅子がこわい

    以前読んだことあったけど、最近の私は椅子が怖いので、かぶりつくように読みました。さすがの筆力。記録としても秀逸。ラストがハッピーエンドでなかったら、私のような読者は救われない。つまり、救われました、かなりね。

    Posted by ブクログ

  • 裁判百年史ものがたり

    日本の近代の歴史の中で、重要な裁判について取り扱われています。さすが小説家、というべきか、通常判例で記載される事実の概要とは異なり、ドラマティックに事実が描かれ、読む者を引き込んでいきます。
    かつ分かりやすく裁判の内容にも切り込んでいて、法学部新入生や法律初学者におすすめ。

    Posted by ブクログ

  • 心療内科を訪ねて―心が痛み、心が治す―

    「気付く」ことから始まるという。たとえ気付いたとて、自分を変えることは容易でないかもしれないが、自覚していることで、痛みに襲われた際に納得して対処に向かえるはずだ。

    Posted by ブクログ

特集