第三の女 新装版

第三の女 新装版

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

晩秋のパリ郊外。時ならぬ嵐で雷鳴が轟き、バルビゾン村の古びた小さなホテルが停電となった。冥暗の中で、偶然出会った日本人の男女が過ごした夢のような時間。そして、誰にも明かすことのできない黙契が因で起きる動機なき連続殺人事件が福岡につづき、箱根で。容疑者には完璧なアリバイが……。美しくも哀しい愛の行方。フランス犯罪小説大賞受賞作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
光文社
電子版発売日
2018年06月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

第三の女 新装版 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月04日

    フランス犯罪小説大賞という賞の存在は知らなかったが、この本がフランスでも評価されたということは、このような愛情?のかたちが海外でも受けるということなのだろう。助教授の行動が軽い(夏樹さんのまわりの男性がこういう感じだったのだろうか)のと強姦未遂の事件の扱いが雑すぎる(被害者置き去り感がちょっと)気は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月12日

    フランス滞在中に嵐で停電→その際出会った日本人女性と意気投合→寝た→互いに顔も知らないまま別れた→帰国した男が遭遇する殺人事件とは…という女性の素性と事件の謎で2倍面白い作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月25日

    交換殺人のはずだった。そりゃあ、単純でない結末が用意されてこそのミステリーだけど、最後の最後、その顚末はお見事。追い詰める側(刑事)からではなく、追い詰められる側(犯人)からの描写にも関わらず、最終盤まで真相が分からないなんて不思議な仕立てだ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています