裁判百年史ものがたり

裁判百年史ものがたり

作者名 :
通常価格 691円 (629円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

裁判はこんなに面白いのか! 時代を変えた12の法廷ドラマを、夏樹静子が迫真のノンフィクションノベルに。帝銀事件、チャタレイ裁判、永山則夫事件など有名事件から、翼賛選挙に無効判決を下した裁判長の苦悩、犯罪被害者になった弁護士の闘いまで、資料を駆使した人間ドラマとして描く。判決の裏にあった人々の苦闘と勇気に胸が熱くなる傑作。裁判員制度により、法廷が他人事ではなくなった現代の必読の書。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
405ページ
電子版発売日
2012年12月14日
紙の本の発売
2012年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

裁判百年史ものがたり のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年05月06日

    明治22年(1889)明治憲法の公布以来行われてきた裁判の中で、のちの判決に影響を与えたものや、国・政府と対立したもの、冤罪だったものなど12件を取り上げ、書いている。小説家だけあって事件の様子は見ていたように再現されて読みやすく、また説明部分も、専門用語に頼らず分かりやすい。印象的なところ、感心す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月09日

    日本の近代の歴史の中で、重要な裁判について取り扱われています。さすが小説家、というべきか、通常判例で記載される事実の概要とは異なり、ドラマティックに事実が描かれ、読む者を引き込んでいきます。
    かつ分かりやすく裁判の内容にも切り込んでいて、法学部新入生や法律初学者におすすめ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月07日

    ずっしりと読み応えがありました。一編読み終わるたびに、法とは何かと考えさせられ…。事件や裁判の描写はさすが夏樹氏、まるで小説を読み進めるかのように入り込めました。やはり私の一番好きな作家さんです!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年09月16日

    予想以上に面白かった。
    それぞれの裁判が、時代を反映しており、裁判の歴史は、日本の民主主義の歴史でもあるというのが、よく理解できる。
    12の裁判は、よく選ばれているなと感心する。
    裁判の歴史は、冤罪の歴史でもある。我々は、もっと裁判に関心を持つべきだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年07月27日

    事実は小説よりも奇なり。面白いし、勉強になる。最初に、起こった事件を小説のように書いてあるので読みやすいし、当事者の視点で判決が読める。最初の大津事件は感動。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています