「宮崎夏次系」おすすめ作品一覧

「宮崎夏次系」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/07/21更新

ユーザーレビュー

  • 夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない
    [混乱した覚醒状態で]夜な夜な幻想的に屋根の上にたたずむ少年との邂逅を描いた表題作や,醜い母親の存在を知った少年への救いを描いた「明日も触らないね」など,全9作の短編を収録した漫画作品。著者は,『変身のニュース』などで高い評価を得ている宮崎夏次系。

    漫画を多く手に取るわけではないのですが、映画や小...続きを読む
  • 僕は問題ありません
    舞台はおそらく日本なのですが、不思議な建造物や出来事などファンタジーな雰囲気があります。
    一癖ある登場人物には、なかなか他者と分かり合えない孤独を感じます。
    それでもほんの少し互いの心が触れる瞬間があり、ふわっと温かい愛に包み込まれます。
    ハッピーエンドすぎても興ざめだし、バッドエンドは気持ちが重く...続きを読む
  • きょうの日はさようなら
    ちょっと前の朝日の書評で見て。1995年の女子高生と2025年の女子高生の比較がひとつのテーマになっている。SFで『夏への扉』をちょっと感じさせる一夏の物語。ちょうど、中学のクラス会があったところなので、40年前は中学生だった人たちと会ったところ。昔は携帯もなければネットもない時代の人たちがLINE...続きを読む
  • 夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない
    「嫌だったの ずっと
    ばーちゃんが死んでも
    キヨサダが死んでも
    みんな 大丈夫になってくのが

    ずっと それが ずっと
    嫌だったから
    僕 ずっと

    うまく 言えない」
    (リビングで)


    この漫画だいすきだ。
  • きょうの日はさようなら
    この作家さんの他の作品群とパッと見にもジャンルのちがっている作品。宮崎夏次系の表紙に興味をひかれて手に取りました。

    夏休み。突如告げられる従姉妹の存在。四半世紀の年月を冬眠状態で跳躍してきた女子高生。過去の出来事を原因に冷えきってしまった親子関係、何層もの安全柵を張り巡らせてお互いを遠ざけておくこ...続きを読む

特集