工藤精一郎の一覧

「工藤精一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/01/27更新

戦争と平和
  • ブラウザ試し読み

罪と罰
  • ブラウザ試し読み

死せる魂
  • ブラウザ試し読み

死の家の記録
  • ブラウザ試し読み

父と子
  • ブラウザ試し読み

未成年
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 戦争と平和(一)
    アンナカレーニナが面白かったので、続けて手に取ったこの本。登場人物と人間関係が把握できるまで少し我慢が必要だが、その後はすっと話に入っていけた。後半はのめり込みすぎて、終わるのが勿体無い!という気持ちを久しぶりに味わった。大満足。
  • 死の家の記録
    読むのは3回目。今回始めてこの作品の重要さに気づいた。ドストエフスキーは獄中体験からその後の創作のインスピレーションを得ていたのだと思う。たとえばキャラクター。彼の作品に登場するキャラの多くは、おそらく獄中にいた囚人をモデルにしている。…という発見に興奮していたものの、訳者解説に同じことが指摘してあ...続きを読む
  • 罪と罰(上)
    異常に面白い…。
    以前読んだカラマーゾフの兄弟よりは多角性はないが、全体を包む緊迫感は素晴らしいものがあり、ページを繰る手を止めさせない。
  • 罪と罰(上)
    ドストエフスキーから一冊選ぶのは難儀しましたね。他には『カラマーゾフの兄弟』、『悪霊』、『地下室の手記』が候補でした。
    エントリーしてから、「『罪と罰』を選んだのは思い出補正だったかも?」と思いましたが、まあいっか。

    天才は人を殺しても許されるみたいなことを豪語しときながら、ババア二人殺したくらい...続きを読む
  • 戦争と平和(一)
    「ナターシャピエールアンドざグレートコメットオブ1812」っていう、ものすごい長い、しかし戦争と平和のお話ですよーっていうアピールがすごいタイトルのミュージカルを、見るに当たって読まなきゃと思ったのだけど、まあ読み終わらない(T-T)初日が明け、観劇し、千秋楽が終わってようやくよみおわりました。

    ...続きを読む