矢野浩三郎の一覧

「矢野浩三郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/05/10更新

ユーザーレビュー

  • シャーロック=ホームズ全集1 緋色の研究
    僕が読書を始めるきっかけになった本である。
    ホームズはワトソンと出会いルームシェアを始める。
    ワトソンはホームズの職業に興味を持ち、捜査に同行する。
    あの時と同じだとかつて自分が読み始めた感覚を思い出した。
    因みに現在漫画で連載されているホームズでは変装していたのはホープではなくモリアーティの仲間で...続きを読む
  • ミスト 短編傑作選
    ミストの原作目的で読んだ。ミストの不気味さ、救われなさは文章でもありありと伝わってきて、映画とは異なる結末もまた良い。他の短編では、ジョウントが一番気に入った。淡々と語られる事実と、迫りくる懸念…あるいは恐怖。そして迎えられる結末。何度も読みたくなってしまった。
  • シャーロック=ホームズ全集3 バスカビル家の犬
    言わずと知れたホームズシリーズでも人気の一冊。
    緋色の習作ではホームズシリーズの基盤を作り、四つのサインでは推理要素に加え波乱に満ちた追走劇があった。
    そして今回は不気味な魔犬伝説に相次ぐ犬の目撃情報、荒涼な大地に底なし沼…薄気味悪いホラー要素が取り込まれている。
    ただの推理小説でなく、現在のミステ...続きを読む
  • シャーロック=ホームズ全集3 バスカビル家の犬
    心霊的と思われるような事件であっても分析や推理により、実際に犯人を探し当ててしまうのは凄いと思った。
    このような推理力が、ホームズ作品の魅力なのかなと感じた。
  • シャーロック=ホームズ全集1 緋色の研究
    鋭い観察力を駆使して事件の真相にたどり着くことができるというのは、凄い才能だと思った。

    ホームズは観察力というものがいかに大事なのかを知っており、それによって事件を解決していく。

    ホームズがどのように、事件の真相を掴んだのか気になってしまいどんどん読み進めてしまう作品だった。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!