ミスト 短編傑作選

ミスト 短編傑作選

作者名 :
通常価格 896円 (815円+税)
紙の本 [参考] 946円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

スティーヴン・キングを読むならまずはこれ!

その町を覆ったのは霧――目の前さえ見通せぬ濃霧。その奥には何かおそるべきものが潜む……豪雨に襲われてスーパーマーケットに集まった被災者を襲う災厄とパニックを描き、映画化、TVドラマ化された伝説の中編「霧」他、「恐怖の帝王」の凄みを凝縮した問答無用の傑作集。キング入門者に最適、キング・ファン必携の一冊!

収録作品
「ほら、虎がいる」(松村光生訳)
「ジョウント」(峯村利哉訳)
「ノーナ」(田村源二訳)
「カインの末裔」(松村光生訳)
「霧」(矢野浩三郎訳)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ホラー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
368ページ
電子版発売日
2018年05月10日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ミスト 短編傑作選 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月28日

     町を霧が覆う。
     その中には何かわからない異形のものがいて、人々はスーパーマーケットに閉じ込められる。

     なんか、映画になっているそうな。
     で、その最後はとんでもない、らしい。

     というのでがぐぶるしながら読んだ。
     
     って、短編集です。
     「ほら、虎がいる」から始まって、じわじわと恐怖の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月01日

    「キングを読むならまずはコレ!」ということで、キングの短編傑作選。キングは全部読んでるよな?と思いつつ、手にしちゃったよ。
    『ジョウント』は読んだら、ベスタ―も再読したくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月08日

    初、キング。
    なんといっても表題作。映画は絶望のラストシーンでしたが、原作はそこまで踏み込んでいない模様。怖気付く類のホラーではなく、身の危険を感じるテラー的な作風と感じましたが果たして。しかし、長篇はなかなか読む気が起きないんですよね。。。

    それはそうと、SF好き的にはアルフレッド・ベスターの「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月13日

    面白かったです。
    満を持して「霧」を読みました。
    それまでの短編も面白かったです。
    「ジョウント」、読み初めて既視感…と思ったら再読でした。途中の、奥さんを、出口への通路を切ったジョウント回路に放り込む殺人、恐ろしかったです。天国にも地獄にも行けず、永遠にワープし続ける絶望。
    「カインの末裔」は「ゴ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月24日

    その町を覆ったのは霧―目の前さえ見通せぬ濃霧。その奥には何かおそるべきものが潜む…豪雨に襲われてスーパーマーケットに集まった被災者を襲う災厄とパニックを描き、映画化、TVドラマ化された伝説の中編「霧」他、「恐怖の帝王」の凄みを凝縮した問答無用の傑作集。キング入門者に最適、キング・ファン必携の一冊!
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月23日

    日常をちょっと飛び越えたとこにのぞく
    あり得ないけど想像できるほどに手が届きそうな
    非日常の恐怖。
    衝撃のラストと話題の映画「ミスト」の原作については
    ある一文をもとに、よくもここまで悲惨なオチの
    映画に仕上げたものだと感心をしてしまう。
    「ジョウント」の破滅的ラストをジワジワと
    予感させながら語ら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月03日

    霧とノーナが面白かった。ただ固有名詞が多すぎてうんざりする。現地の人なら気にならないのだろうか。霧のラストは映画版の方が個人的に好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月26日

    ミスト
    いつものキングの長ーい前置きから転がるように進むストーリーが、短編としてコンパクトになっていて読みやすかった。怖くてどうなるのかわからなくて読むのが止まらない....と思ってたらあのラスト。イマイチぴんと来ませんでした。これは訳のせいもあるのかな...
    映画のラストのほうが、ある意味わかりや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月22日

    ミスト
    日常が非日常に変わる様子が好き。いつの間にか普通の生活には戻れなくなっており、生き残る為に戦う羽目になる。登場人物に罪も罰もないし、何故襲われるのかも具体的には分からない。分からない事が多いまま理不尽に日常を奪われている様子が怖い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月23日

    スティーブンキング初読み(多分)
    4編の短編と、映画「ミスト」の原作「霧」を収録。
    「霧」街を突然霧が覆い、スーパーマーケットに閉じ込められた主人公たち。霧の中には「何か」がいる。出て行った者たちは次々に殺され…という不条理ホラー。
    状況が少し分かりづらくて読みづらかった。これは映画で見た方が分かり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています