ミスター・メルセデス 上

ミスター・メルセデス 上

作者名 :
通常価格 1,018円 (926円+税)
紙の本 [参考] 1,023円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「恐怖の帝王」がデビュー40年目にして初めてミステリーを書いた!

暗い霧雨の朝。仕事を求める人々の列に、何者かが駆る暴走車が突っ込んだ。多数の死傷者を残して車は走り去り、事件は未解決に終わった。
そして今、退職刑事ホッジズのもとに犯人からの挑戦状が届く。
「こいつをこの手で捕らえてやる」。決意したホッジズは、孤独な調査を開始する――。

退職刑事VS卑劣な殺人鬼。米最高のミステリー賞・エドガー賞を受賞した巨匠の傑作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2018年11月09日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ミスター・メルセデス 上 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月05日

    「ミスター・メルセデス」(上・下) スティーブン・キング。白石朗訳。文春文庫。アメリカでは2014年発表のようです。

    2019年1月に読みました。
    スティーブン・キングさんは凄い。らしい。とずっと思っていました。
    「スタンド・バイ・ミー」とか、いくつかの短編は読んだんです。
    それだけでも凄みは伝わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月17日

     キングが書いたミステリー。
     いきなり、エドガー賞、とってるよ。

     仕事を求める人の列の中に、暴走車がつっこみ多数の死者を残して立ち去る。事件は未解決のままであったが、担当していた退職刑事のもとに犯人からの挑戦状が届く。

     とりあえず、あれだ「雉も鳴かずば撃たれまい」だな。

     元刑事のホッジ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月24日

    続編の『ファインダーズ・キーパーズ』を先に読んでいたので結末はわかっていたけれど、それでも最高に面白かった。序盤はスローペースで読んでたけど、ホッジズとブレイディの攻防が始まったあたりからぐいぐい読み始めて、気が付いたらあっという間。ジェイミーも素敵な女性だけど、ホリーのことも大好きになってしまった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月30日

    (上下巻あわせた感想です)

    2009年4月、とある市民センターで催された就職フェアにて、職探しをするために並んでいた大勢の人たちの列にメルセデス・ベンツSL500が突っ込み、多数の死傷者を出す事件が起こります。
    犯人は逃亡し、未解決のまま事件から1年が経過したある日、当時捜査に携わり、今は退職して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月18日

    霧雨の降る夜明け前、求職者の行列に車が突っ込む。残ったのは多数の死傷者。退職した元刑事は犯人からと思われる手紙を読むと、消えかけていた刑事魂が燻り…燃え始める。
    犯人と刑事の生活や心情が並行して表れる。対立する両者の内面を感じながら読み進むのは面白い。
    犯人が次に起こす行動は??

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年03月10日

    面白かったー!キャラがビンビンに立ちまくってて爺ミステリ好きには堪らない。退職した老刑事のもとに届いた迷宮入り事件の犯人からの手紙。犯人の名はメルセデスキラー。冒頭で執拗に描かれた陰惨な無差別殺人の犯人。比喩や繰返しに隠語もまぶしたキングの世界観に入り込むのは容易くないが、一度乗り込めばメルセデスの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年06月28日

    出だしは良かった。
    得体の知れない狡猾な犯罪者と一線を退いた優秀な刑事ホッジスとの再対決。
    過去の事件を新たな視点で紐解く系。

    徐々に明らかになっていく犯人の不完全生、事件追うホッジスのステレオタイプ的な事件関係者との情事。
    あまりにもありがちで低級な構図に成り下がってきてしまい下巻で転換がないと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ミスター・メルセデス のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ミスター・メルセデス 上
    1,018円(税込)
    「恐怖の帝王」がデビュー40年目にして初めてミステリーを書いた! 暗い霧雨の朝。仕事を求める人々の列に、何者かが駆る暴走車が突っ込んだ。多数の死傷者を残して車は走り去り、事件は未解決に終わった。 そして今、退職刑事ホッジズのもとに犯人からの挑戦状が届く。 「こいつをこの手で捕らえてやる」。決意したホッジズは、孤独な調査を開始する――。 退職刑事VS卑劣な殺人鬼。米最高のミステリー賞...
  • ミスター・メルセデス 下
    1,018円(税込)
    暴走車を駆って大量殺人を犯した男、ブレイディは、母親とともに暮らす孤独な男。 いま彼は新たな計画を練っていた――。 一方、退職刑事ホッジズも犯行に使われた自動車を手がかりに、真相に近づきつつあった。 開始される惨劇の秒読み。それを阻止すべく、ホッジズと仲間達は奔走する! 巨匠渾身のミステリー大作。 (解説・千街晶之)

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています