平井正穂の一覧

「平井正穂」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/04/21更新

ユーザーレビュー

  • ロミオとジューリエット
    たまたま入った中古書店で安く売られていたので、購入して読むことにした。
    本作を読む前に、ハムレットとマクベスを読んでいたのである程度は作者の傾向というものは理解していたが、本作はこの理解を上回っていた。
    シャイクスピアの作品の中では一番好きかもしれないと思っている。

    あらすじはあまりにも有名すぎる...続きを読む
  • ユートピア
    南米のどこぞにある「何もない処」ユートピア
     そこの土人は、既製品で皮製の服を與へられるとか、書かれた当初の英国人的に屠畜は調理の醍醐味だと思ふんだけど、ユートピア人は牛を屠る奴隷(はユートピア人一人につき2人宛がはれる)がゐるとか、えーと。
     その半月上の島から500マイルの彼方にすさんだところが...続きを読む
  • ユートピア
    「ユートピア」は実際には存在しない架空の場所である。この場所では、頭脳と心の豊かさが高いレベルにある人々が、平和に暮らしている。

    印象に残ったところは、金がこの世界では、貴重なものだとして、崇められている。しかし、このユートピアでは金を実用性のない、むしろ鉄に劣るものだとして、醜さ、みすぼらしさの...続きを読む
  • ガリヴァー旅行記
    子供の頃読書をしてこなかったので、児童文学でもお馴染みのこの作品も巨人が旅行する!と思ってました。
     
    面白すぎてグングン読んでいきました。
    想像スイッチをオンにして読むとかなり怖いかも⁉️
    沼正三の家畜人ヤプーと繋がると思ったのは、私だけでしょうか?
  • ユートピア
    「ユートピア」という言葉は、「空想上の」あるいは「理想的な」という意味で使うことが多いだろう。トマス・モアの造語であるユートピアはギリシア語で「どこにも無い」を意味する。表題の『ユートピア』はどこにも無い国なのである。

    『ユートピア』はユートピア国に滞在したラファエル・ヒロスデイが語った見聞をモア...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!