織田作之助の一覧

「織田作之助」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

無料
勧善懲悪
0円(税込)
無料
六白金星
0円(税込)
無料
木の都
0円(税込)
無料
夫婦善哉
0円(税込)
無料
馬地獄
0円(税込)
無料
道なき道
0円(税込)

作品一覧

2019/08/09更新

無料あり
民主主義
  • ブラウザ試し読み

無料あり
秋の暈
  • ブラウザ試し読み

無料あり
秋深き
  • ブラウザ試し読み

無料あり
馬地獄
  • ブラウザ試し読み

無料あり
大阪の可能性
  • ブラウザ試し読み

無料あり
大阪の憂鬱
  • ブラウザ試し読み

無料あり
大阪発見
  • ブラウザ試し読み

無料あり
鬼
  • ブラウザ試し読み

無料あり
可能性の文学
  • ブラウザ試し読み

無料あり
髪
  • ブラウザ試し読み

無料あり
勧善懲悪
  • ブラウザ試し読み

無料あり
昨日・今日・明日
  • ブラウザ試し読み

無料あり
木の都
  • ブラウザ試し読み

無料あり
郷愁
  • ブラウザ試し読み

無料あり
経験派
  • ブラウザ試し読み

無料あり
競馬
  • ブラウザ試し読み

無料あり
好奇心
  • ブラウザ試し読み

五代友厚
  • ブラウザ試し読み

無料あり
猿飛佐助
  • ブラウザ試し読み

無料あり
四月馬鹿
  • ブラウザ試し読み

無料あり
終戦前後
  • ブラウザ試し読み

無料あり
勝負師
  • ブラウザ試し読み

無料あり
神経
  • ブラウザ試し読み

無料あり
実感
  • ブラウザ試し読み

無料あり
十八歳の花嫁
  • ブラウザ試し読み

無料あり
青春の逆説
  • ブラウザ試し読み

無料あり
世相
  • ブラウザ試し読み

無料あり
武田麟太郎追悼
  • ブラウザ試し読み

無料あり
起ち上る大阪
  • ブラウザ試し読み

無料あり
旅への誘い
  • ブラウザ試し読み

無料あり
中毒
  • ブラウザ試し読み

無料あり
聴雨
  • ブラウザ試し読み

無料あり
妻の名
  • ブラウザ試し読み

無料あり
天衣無縫
  • ブラウザ試し読み

無料あり
電報
  • ブラウザ試し読み

無料あり
東京文壇に与う
  • ブラウザ試し読み

無料あり
土足のままの文学
  • ブラウザ試し読み

無料あり
土曜夫人
  • ブラウザ試し読み

無料あり
猫と杓子について
  • ブラウザ試し読み

無料あり
ヒント
  • ブラウザ試し読み

無料あり
文学的饒舌
  • ブラウザ試し読み

無料あり
報酬
  • ブラウザ試し読み

無料あり
放浪
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 六白金星・可能性の文学 他十一篇
    「女の橋」「船場の娘」「大阪の女」「アド・バルーン」「世相」「可能性の文学」は角川文庫で
    既読。「表彰」をはじめ、既読の作品に見られる大阪に住む人々の暮らしぶり、市井の様子がまるで絵巻物のように広がって目に見えるようです。特に「アド・バルーン」の中に描かれる、犇めく夜店、灯る明かり、賑やかな界隈は幻...続きを読む
  • 夫婦善哉 正続 他十二篇
    ○目次
    夫婦善哉/続 夫婦善哉/雪の夜/放浪/湯の町/雨/俗臭/子守唄/黒い顔/聴雨/勝負師/姉妹/木の都/蛍

    ○感想
    織田作之助の、自身が育った「大阪」の庶民を描いた「大阪」の小説と、読んでいて感じました。登場人物の多くは本当にどうしようもない人達が多いのですが、彼ら彼女らがその「大阪」人として...続きを読む
  • 夫婦善哉 正続 他十二篇
    この歳になって、純文学にガッツリ嵌りました。
    ええ、某文豪ゲームのお蔭なのですが、こんなに読み倒して居るのは学生以来なんじゃないか…。
    昨秋ガラケーからスマホに替えて以来、青空文庫でどこでもこうした文学を読めるなんて、何て素晴らしい時代なのだろうとか噛みしめていたのですが、この『夫婦善哉』の続編は青...続きを読む
  • 六白金星・可能性の文学 他十一篇
    大戦前後の短編と文学論。短編は感触がとても良く好感度高め文学論に関しても共感度高め。志賀直哉はいい書き手だと思うけど指摘していることは正しいように思う。当初文学に抱いていた違和感がうまく書かれていたように思う。ここからいろんな本を読むことができる。いい感じで小説読む気分にさせてくれるそんなテキスト群
  • わが町・青春の逆説
    不器用ながら規律規範から逆行して生きようとした青年を描いた『青春の逆説』。ほのぼのとした下町の情景を巧みに描きつつ、そこに住まう人々の暖かい交流を描いた『わが町』。

    短編小説を得意とするオダサクには珍しい、中編~長編の小説だ。
    じっさい作者はこの2作品に心血を注いでいたようで、『青春の逆説』が当局...続きを読む