「飯沢耕太郎」おすすめ作品一覧

「飯沢耕太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/07/11更新

ユーザーレビュー

  • アフターマス : 震災後の写真
    写真は撮った直後に感動があり、忘れた頃にまた感動を呼ぶ。
    何を伝えたいか考えて撮ろう。
    撮った直後は、その思いが伝わり感動がある。
    また思いがある写真は忘れた頃にまた違う感動を呼ぶかもしれない。
  • 戦後民主主義と少女漫画
    大島弓子、萩尾望都、岡崎京子らを通して「少女」というものの存在を検証する。
    キーワードを挙げての「少女」の分析が的確でわかりやすい。時代に関係なく「少女」という役割が存在し、生き残る術をさがしていたことが、よくわかる。
    何で、今、「ハッピィエンド」が成立しないのかも。
    そんなに長くはないけど「かわい...続きを読む
  • 少女論
    社会が少女をどのように捉えていたかを考えていたときに読んだ本。

    本田和子氏をトップバッターに10人以上の「少女論」に触れることができます。
    やや記号論的な語り口の論考が多いお勉強の本です。
  • 戦後民主主義と少女漫画
    語られている内容全てに共感することはなかったのですが、切り口が面白い一冊だとおもいます。純粋少女、という言葉をキーワードに、1970年代の二十四年組からはじまり、90年代と岡崎京子、ガーリーフォトなんかにも触れたりして。

    いかに純粋性を残しつつ社会に参加するか、
    少しでもシステムを変えていくという...続きを読む
  • 戦後民主主義と少女漫画
    まるで大塚 英志の様な題名ではないですか。
    でも、あんまり政治よりの話ではなかったです。というか、あんまり一貫した語りじゃない印象です。

    大島 弓子論からはじまるのですが、論旨的には、

    「昔の大島 弓子は良かったが、『綿の国星』以降の大島 弓子は、イマイチだ」

    みたいな感じなのですが、それは、...続きを読む