福井久美子の一覧

「福井久美子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/11/28更新

ユーザーレビュー

  • 世にも危険な医療の世界史
    タイトルそのまま危険すぎる医療に特化した世界史。
    今、この令和の時代でもSNS上でそんなはずないだろうとつっこみたくなるような
    とんでも医療、民間療法が当たり前かの如く定期的に湧いてくる。
    ここ最近あったのだと、血液を循環させて体内の血をクレンジングする?だとか
    世界的に大流行中のウイルスに効果のあ...続きを読む
  • 世にも危険な医療の世界史
    写真のキャプションもいちいち面白い(「とにかく便を出せ!」)。セントバーナードのところで『もふもふ犬』表記など翻訳もすばらしい。オススメです!
  • 世にも危険な医療の世界史
    ユーモアが多く知的好奇心が満たされ,非常にスラスラと読めてしまう.


    今の医療や衛生など,人の命に関わるノウハウや技術は昔の(とは言っても近いものでは数十年)無茶苦茶な発想・行為,その結果(失敗,即ち死・重大な副作用,依存症etc)の積み重ねによって成り立っているんだなあ.
    失敗を糧にする,まさに...続きを読む
  • 世にも危険な医療の世界史
    水銀、ヒ素、土、アンチモン、瀉血、ヒルに浣腸、水治療法、ローヤルタッチにロボトミー…。治りたい、健康でありたい。古今東西問わず共通の、人間の凄まじくも哀しい思いが詰まった一冊。
    今となっては滑稽でしかない治療法の数々だけど、笑って済ませていいものか。ストリキニーネやクロロホルムなんて、ちょっと前まで...続きを読む
  • 世にも危険な医療の世界史
    治りたい~治したい。医療の発達は紆余曲折の繰り返し。
    “科学”を知らない時代に人々が試みた医療の数々とは?
    第一部 元素・・・水銀、アンモチン、ヒ素、金、ラジウムとラドン
    第二部 植物と土・・・アヘン、ストリキニーネ、タバコ、コカイン、
             アルコール、土
    第三部 器具・・・瀉血、ロボ...続きを読む