冷泉彰彦の一覧

「冷泉彰彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2018/07/20更新

ユーザーレビュー

  • 「関係の空気」「場の空気」
    日本語を対象としたコミュニケーション論といってよいと思うが、そこにおける「です、ます」体の効用という着眼点は面白い。
  • 「関係の空気」「場の空気」
    日本語を対象としたコミュニケーション論といってよいと思うが、そこにおける「です、ます」体の効用という着眼点は面白い。
  • 戦場記者が、現地に暮らした20年 中東の絶望、そのリアル
    [開けっ放しのパンドラの箱]カイロに下り立って以降,イラク,レバノン,リビア,そしてシリア等で度重なる戦禍を目の当たりにしてきた著者が,自らの取材歴を生々しく綴った作品。著者は,米NBC首席海外特派員を務めるリチャード・エンゲル。訳者は,在米ジャーナリストとしても活躍する冷泉彰彦。原題は,『And ...続きを読む
  • 戦場記者が、現地に暮らした20年 中東の絶望、そのリアル
    もちろん今はISILに注目されがちだが、それにいたるアルカイダ、アフガン戦争、イラク戦争・・・などに至ることが綴られている。

    主に印象的であったのは、イスラム教徒の自らが辿ってきた歴史に対する想いである。ムハンマドによって開祖され、その後のカリフが広げたが、モンゴル勢力によって蹂躙され、その後トル...続きを読む
  • 「反米」日本の正体
    本書は冷泉彰彦氏の問題意識の高度な結実である。

    日本とアメリカの奇跡的ともいえる強固な関係と奇妙なほどに共通基盤のない二国間関係に警告を発することを、右派・左派という矮小かつ汚れたイデオロギーの枠外から行うということに成功していることに感動する。