柴村仁の一覧

「柴村仁」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:柴村仁(シバムラジン)
  • 性別:女性
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

2003年『我が家のお稲荷さま。』でデビュー。同作は第10回電撃ゲーム小説大賞金賞を受賞。『我が家のお稲荷さま。』シリーズ、『プシュケの涙』をはじめとする「由良三部作」などの作品を手がける。

作品一覧

2020/03/27更新

ユーザーレビュー

  • 夜宵
    街のお祭りから始まり大晦までの間、日が落ちると開かれる市がある。湖の小島で、面つけた人なのかすらも怪しい者たちが跋扈する市では、人には言えないものが全て揃うという。

    って和ホラー好きには刺さりまくるような話。刺さったよ…。千と千尋の雰囲気や恒川光太郎さんの夜市が好きな人間に刺さらないわけがないじゃ...続きを読む
  • 夜宵
    最近で1番良かった…。こんなどんでん返しは想像してなかったし、涙するほど切なかったし、完璧に色々と騙された…‼︎‼︎
    先が気になりすぎて歩きながら読んでしまうほどでした笑(危ないので良くないですけど…)
    柴村さんの作品、初めて読んだけど他のも読んでみたいと思いました。
  • プシュケの涙
    二部構成であり、一部は自殺した吉野の真相を確かめていくミステリーだと思っていたが、読み進めていくうちに良い意味で期待を裏切られた。人間の裏の顔(悪意、独善的な感情)が見えた瞬間のゾクゾクッ!とした不快な心の動きが忘れられない。まさか主人公と旭、織江が関わっていたとは。人間のちょっとした悪意で人を殺す...続きを読む
  • プシュケの涙
    初めはありふれた学園探偵ものかと思いきや、徐々に明らかとなる事件の内容と主人公の状況に嫌なものを感じ、救いのないラスト……。そして、追撃を加えてくる後半が、心にトドメをさしました。
    読後感がすさまじい一冊でした。またしばらく落ち込みそう…。
    (2014/10/27)
  • 鳴夜
    死んで行く登場人物。細蟹の市。
    謎が解かれていくようだが謎が増えた気がした。

    丹とカンナはこれでよかったんだと思いたい。


    不気味で切ない。



    読んでいる間、鈴木雅久の夢で逢えたらが脳内BGMで流れてました(笑)

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!