「三島浩司」おすすめ作品一覧

「三島浩司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:三島浩司(ミシマコウジ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1969年
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

『ダイナミックフィギュア』、『高天原探題』などの作品を手がける。

作品一覧

2013/11/08更新

ユーザーレビュー

  • 高天原探題
     古風なタイトルだが、舞台は現代。
     京都を中心に突然土が人の上に被さり生き埋めになるという怪異な現象が起こる。この土盛りは墳墓と呼ばれ、生き埋めになった人は玄主と呼ばれる。玄主は自力で墳墓から抜け出すこともあれば、救出されることもある。他方、同様に土盛りが生じ、そこから不定形の生物のようなもの、シ...続きを読む
  • ガーメント 電子特別版 ≪前≫
     『ダイナミックフィギュア』もそうだったが、この作品も設定は極めて理路整然としている。が、三行では説明できない。本の帯には「戦国時代+メカ+タイムスリップ」と書いてあるが……

     主人公の大学生・花輪めぐるほか見ず知らずの4人の男女が戦国時代にタイムスリップする。日常生活において、何らかの扉を開ける...続きを読む
  • ダイナミックフィギュア(下)
    結末へ向けた怒濤のストーリー展開は圧巻。途轍もない設定、独特の文調、あとなんだろう、とにかく…すごい!の一言だな。堪能した。丸二週間。
  • ダイナミックフィギュア(上)
    すごい設定だ。モロ好だなあ。
    いったいどんな展開が待っているのか、全然予測つかない。すごい人がいるもんだ。
  • ダイナミックフィギュア(下)
    上巻は「ロボット活劇」の印象が強かったが下巻からは「ファーストコンタクトSF」の色が濃いように思える。 『他者と個人』とくに『個人・個(孤独)』を前面に押し出した作りは時代の空気とマッチしていてリアルに感じる。 登場人物の多さの割にキャラクターの描き分けが出来ていなかったり、同じような描写と行ったり...続きを読む

特集