平尾誠二の一覧

「平尾誠二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/09/14更新

ユーザーレビュー

  • 理不尽に勝つ
    理不尽に勝つ。平尾誠二先生の著書。世の中は理不尽なことだらけ。理不尽に対して不平不満を言ったり、被害妄想をしたり、嘆き悲しんだり、怒ったりしても何も始まらない。理不尽を受け入れ、理不尽を楽しみ、理不尽と戦った達成感を得るくらいの姿勢が大切。ラグビーの選手、ラグビーの監督として高名な平尾誠二先生だけれ...続きを読む
  • 理不尽に勝つ
    *理不尽な体験をすることは決して無駄にはならない。それどころか、確実に人間を鍛えてくれる。強くしてくれる。理不尽を経験すればするほど、人は強くなる。だから、もし自分がそういう状況に置かれているのならへこたれてはいけないし、若い人たちにも経験させたほうがいい。その壁を乗り越えた時、その人は必ず成長して...続きを読む
  • 理不尽に勝つ
    平尾にはもっと生きて、いろいろ伝えて欲しかった。
    指導者としても優れているのに、その真価は結果としてあらわれる前に逝ってしまった気がする。
  • 求心力 第三のリーダーシップ
    先日、亡くなられた平尾氏の2015年の著作。理論と経験によるリーダーシップ論に大いに共感しました。これから、日本のスポーツ界を引っ張っていくべき人だっただけに、若くしての急逝があらためて残念です。

    強権的なリーダーシップでは短期的には成果は出ても、メンバーの自主性、創造性が発揮されにくいので、トッ...続きを読む
  • 人は誰もがリーダーである
    平尾監督の本はよく読みます。
    リーダーの心構えとしてラグビーを通じて論じてあるのでとても参考になります。


    不安やコンプレックスという負の要素は仕事につきものなので切り捨てるのではなくうまく付き合う必要があります。
    そのためには視点を切り替え物事の捉え方を変えることが重要になります。



    「勝ち...続きを読む