澤宮優の一覧

「澤宮優」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/10/08更新

ユーザーレビュー

  • 世紀の落球 「戦犯」と呼ばれた男たちのその後
    誰が名付けたかプロ野球の世界には「世紀
    の落球」と言われる記憶に残るプレーがあ
    ります。

    この本でも取り上げられている北京五輪3
    位決定戦での、GG佐藤選手の落球です。

    他にも未だにTVで使われていますほどの、
    試合の流れを変えてしまったエラーはたく
    さん有ります。

    そのエラーした本人は、その...続きを読む
  • 世紀の落球 「戦犯」と呼ばれた男たちのその後
    高校野球が好きで、数年前まで必ず夏には甲子園詣ででよろしくいそいそと出かけていた。それも地元校の出ない試合を選んで。タイガース戦なら外野観戦はお断りなのに、高校野球に限ってはむしろ銀傘はNG。炎天下の外野席で観るのを無上の楽しみにしていた。贔屓の高校が無いだけに舌打ちすることもない。好プレーには惜し...続きを読む
  • バッティングピッチャー 背番号三桁のエースたち
    読みやすく面白かった。最近だとイチローや松井秀喜から古くは王さんや長嶋さんまでいろんな一流打者の、打撃投手(バッティングピッチャー)を務めた方々のお話。私は元々プロ野球が好きなので興味深く読めたけど、そうでない人だとどうだろう…とも思ったけど。
    プロ野球が好き、なのに、打撃投手のことは、まるで知らな...続きを読む
  • 世紀の落球 「戦犯」と呼ばれた男たちのその後
    野球は筋書きのないドラマ。時に試合の流れを変えるエラーもある。世紀の落球の当事者3名の取材の先に見える人生。

    「人生にエラーはつきものだ。大事なことはそのあとをどう生きるかだ」ビル・バックナー(1986年ワールドシリーズ第6戦でサヨナラエラーしたレッドソックスの1塁手)

    本書の主役は3名。いずれ...続きを読む
  • 世紀の落球 「戦犯」と呼ばれた男たちのその後
    たまたまいつも行く本屋で見かけ、落球をテーマにした本は初めて見たので興味を持って購入。

    落球というワードに興味を持って読んだだけだが、内容はかなり心に残るものであった。特に、ミスをした人の周りの人の存在・行動がとても大切だと感じる。長嶋監督や尾藤監督のエピソードと、阪神の金田監督・金本監督の差は何...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!