野田サトルの一覧

「野田サトル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:野田サトル(ノダサトル)
  • 出身地:北海道北広島市

2003年、読切『恭子さんの凶という今日』でデビュー。2011年『週刊ヤングジャンプ』にてアイスホッケー漫画『スピナマラダ!』を連載後、2014年から『週刊ヤングジャンプ』にて『ゴールデンカムイ』を連載。同作で2016年にマンガ大賞を受賞。2018年には第22回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。

公式Twitter

作品一覧

2021/12/17更新

ユーザーレビュー

  • ゴールデンカムイ 28
    菊田さんと杉本の過去の話が出た!
    そんな話があったのかー。
    その頃にはもう尾形百之助とか月島さんとか、鶴見中尉と一緒にいたんだなー。

    金塊の隠し場所の謎も解いたし、次巻ではついに発見か?
  • ゴールデンカムイ 28
    最高に面白い。鶴見中尉の底知れぬところが怖すぎる。月島の目が輝きだしたのをみると複雑な気持ちになる。信じて大丈夫だろうか。
  • ゴールデンカムイ 28
    ついに入れ墨の謎が解け、金塊の場所が明らかになる第28巻。
    過去編で、菊田特務曹長がこんなに味のある男だったのかとびっくり。フラグは立ってたものの、退場は寂しい。あとノラ坊は可愛かった。鶴見中尉はまだ底が知れず。
    物語もようやく終わりが見えてきた印象。
  • ゴールデンカムイ 28
    鶴見中尉は信じていい上官とは思えないし、月島軍曹の曇りのない目がなんか悲しくなるなー。終わりが近づいてます。
  • ゴールデンカムイ 5
    年末くらいから読み始めた「ゴールデンカムイ」ですが、早くも5巻まで読み進んでしまいました。

    事情がよくわからないまま巻き込まれた闘争に次ぐ闘争、戦闘に次ぐ戦闘、そして次から次へと登場する変態キャラクターや襲い来る羆などの野生生物と厳しい自然。そんな疾走感にあふれる展開に熱に浮かされたように頁を繰る...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!