野村総一郎の一覧

「野村総一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/04/05更新

ユーザーレビュー

  • 新版 うつ病をなおす
    うつ病の症状、治療法、病因などが具体的に書かれていて、分かりやすい。うつ病にかかる人は、社会適応的で誠実な人が多いという。著者の、そのような患者さんたちを救いたいと思う、医者として、学者としての使命感が、素晴らしいと感じた。
  • 精神科にできること 脳の医学、心の治療
    精神科の入門書。

    入門書の入門書で,概略書の概略書。
    だから,足りないところは多々あると思うけど…

    こころの臨床に関わる人は必読で,
    精神科に対して,
    これぐらいの知識はないとダメだと思う。
    正直な話。


    精神か臨床に関わってない人であっても,
    精神疾患とはどんなものか知るため...続きを読む
  • 人生に、上下も勝ち負けもありません 精神科医が教える老子の言葉
    野村先生の語り口調と老子の内容がここまでフィットするとはオドロキです。老子の言葉でありながら野村先生ご自身の言葉であるかのような感覚に陥ってしまいます。
    老子の言葉、そして野村先生の言葉に「こんな考え方もあるのだな」と気づかされるとともに、力まず、肩ひじ張らず、強がらず、ただただ”あるがまま”の自分...続きを読む
  • 人生に、上下も勝ち負けもありません 精神科医が教える老子の言葉
    つい、ネガティブな思考になってしまう方におすすめです。

    「ジャッジフリー」という考え方。誰でも、誰かと比較したり、順位をつけたりしてしまいます。でも、それは状況が変われば変化してしまうこと、つまり相対的な価値だから意味がないとのこと。

    その通り! だけど、つい、順位や勝ち負けに目が向いてしまうの...続きを読む
  • 人生に、上下も勝ち負けもありません 精神科医が教える老子の言葉
    通信技術の発達やSNSなどの影響により、現代人の私たちは、いつもどこかで他人と比べてしまい、勝ち負けや優劣、幸不幸などといった他人と自分の関係性に悩み、不安を感じている。
    こういった悩みに対して有効だというのが、古代中国の思想家、老子(ろうし)のジャッジフリーの考えだとこの本で紹介されている。

    ...続きを読む