千野隆司の一覧

「千野隆司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/06/13更新

ユーザーレビュー

  • 入り婿侍商い帖 外伝 青葉の季節
    千野隆司さん、入り婿侍商い帖シリーズ№16、「外伝 青葉の季節」(2019.5)、婿入り試合、三番の冨札、算盤の腕前の3話。良かったです。外伝も続いて欲しいです。善太郎18歳、その妹お波津16歳、善太郎と相思相愛のお稲18歳、今回の3話は、善太郎、お波津、お稲が大活躍します。たった一度の逢瀬で懐妊し...続きを読む
  • 入り婿侍商い帖(一)
    作者も知らずあまり自分で選んで読まないタイプの本。でもドキドキハラハラあり、関東の地理と商業の知識も得られて、グイグイ惹かれて読み終わった。それにしてもシリーズ本の数が多いことに今気づき、果たして全部読めるか不安。
  • 野分の朝 江戸職人綴
    千野隆司 著「野分(のわき)の朝 江戸職人綴り」、2018.9発行。植木職人、徳利印附師、竈(かまど)職人、瓦職人、料理人、桶職人、煙管職人、簾(すだれ)職人、経師(きょうじ)職人の9話。惚れた女を守り抜く男の姿が。手に職だけで、世間知らず、喧嘩には滅法弱くても、命を張って守ろうとする男の心意気に女...続きを読む
  • おれは一万石 : 6 一揆の声
    千野隆司 著「一揆の声」、おれは一万石シリーズ№6、2018.8発行。高岡藩一万石の命運を担う井上正紀とその妻・京の物語。飢饉が続き、百姓たちは道端の草を食い、木の根をかじりながらの生活で年貢米に励むが、限界を越え、嘆願書を携えた「一揆」に。借金の返済とは質の違う危機が正紀を襲う。どう処理し、どう始...続きを読む
  • おれは一万石 : 2 塩の道
    千野隆司さん、美しくて、ちょっと気が強くて賢くて、そして真心のある女性を描いたら天下一品と思います。おれは一万石シリーズでも登場します。第2巻「塩の道」、2017.10発行。婿入りして一万石の若殿になった正紀と2つ年上の妻お京のやりとりが面白いです。仕事熱心な正紀は、根津権現に紅葉狩りに行く約束をす...続きを読む