「植松努」おすすめ作品一覧

【植松努】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/23更新

ユーザーレビュー

  • 「どうせ無理」と思っている君へ 本当の自信の増やしかた
    大学3年の息子の為に。
    そろそろ就職活動が始まるので、少しでも役に立てばと思います。
    今までバイトもサークル活動もせずに来た、省エネ青年です。
    頼めば同居の祖母を病院へ送迎(ど田舎なので車が必要です)してくれたり、買い物を頼まれてくれたりはするのですが、自分からなにかをしようとか、やりたいということ...続きを読む
  • 「どうせ無理」と思っている君へ 本当の自信の増やしかた
    北海道の小さな町工場で、ロケット開発の夢を追い続ける著者の、
    中高生へ向けた応援メッセージ。
    「どうせ無理」という言葉をはねのけ、自信を取り戻す方法を教えてくれる。

    親の立場として、我が子へ掛けたい励ましの言葉を、著者が代弁してくれている感じ。
    親や周りの大人に相談出来ず、将来への不安や友人関係で...続きを読む
  • 「どうせ無理」と思っている君へ 本当の自信の増やしかた
    さほど難しくはない漢字にもふりがながあったり「君」という表現から子どもを意識した本だが、大人にも十分通用する内容。以前聞いて2時間メモを書く手が止まらなかった植松さんの講演がありありと蘇るようで、何度も何度も見返したい一冊。
  • 好奇心を“天職”に変える空想教室
     ひとが教えてくれることは、過去のこと。みんなが生きられるのは今と未来。まだできないことをやっていくことが楽しい。

     自分が何かをやっても大したものにならない、といった考えで、やめてしまうことはよくあります。
     子供の頃は誰しも消費者側なので、商品・サービスについての信頼は厚く、自分がそれほどのも...続きを読む
  • 好奇心を“天職”に変える空想教室
    子供や若者に向けて書かれたのだろうけれど、大人が読んでも十分読み応えがあり、面白かった。
    小さいころからロケットが好きで、ロケットを作るという夢を口にしたら、無理だと一蹴されてしまった。
    それでも、好きなものを探求する心を失わず、自分の夢を叶えた著者。
    特段難しいことは言っていないが、その経験から、...続きを読む

特集