植松努の一覧

「植松努」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/02/07更新

ユーザーレビュー

  • あたりまえを疑う勇気
    美味しいものを食べたいね、という都会人。美味しくものを食べたいねという田舎人。
    後者でありたいという清水さん。そして、どうしたら美味しくなるだろうと常に考える植松さん。
    人として生まれたからには、願い、疑問を感じ、考え、行動していくことが大事で、それが誰かの役に立つと、生きていけるよ、と。
    これから...続きを読む
  • NASAより宇宙に近い町工場 僕らのロケットが飛んだ
    どうせ無理をなくす
    だったら、こうしてみたらと考え続ける
    憧れが努力を生む
    憧れと優しさが夢を叶える
    夢はたくさんあったほうがいい

    全体的に読みやすい文書で、感情に訴えつつ論理的にもなっていて、植松さんの真っ直ぐした情熱が伝わってきた。
    後半のロケット教室のエピソードいいなぁ
  • 好奇心を“天職”に変える空想教室
    思うは招く

    夢という言葉について調べてみたところ、アメリカの辞書には、夢とは強く願い、努力すれば実現できるものと書かれていました。ところが、日本の辞書には夢とははかないもの。叶わないものと書かれていました。

    読み返して、自分がどれだけカスなのか情けなくなる。夢は叶うなんて思ってるうちに、いまも好...続きを読む
  • NASAより宇宙に近い町工場 僕らのロケットが飛んだ
    「前向きになれる本。私もどうせ無理って言わないようにします」

    すごい本に出会ったな・・と思いました。
    植松さんの今まで感じてきた社会への違和感をブレずに仕事に生かしているところが心に響きました。

    この本では、自分が逆の立場だったら「もうだめだ、やめよう」と感じてしまうような出来事が紹介されます。...続きを読む
  • NASAより宇宙に近い町工場 僕らのロケットが飛んだ
    TED talkを観て植松さんのファンになって、すぐにこの本を読みました。

    簡単な言葉だけど、そこに植松さんの想いが詰まっていて、心に直接響いてくる。
    前向きになれる。頑張る力をくれる。夢を持つ大切さを教えてくれる。

    今まで読んだ本の中で、一番パワーをくれた本でした。
    今後の人生、道に迷ったり躓...続きを読む

特集