NASAより宇宙に近い町工場 僕らのロケットが飛んだ

NASAより宇宙に近い町工場 僕らのロケットが飛んだ

作者名 :
通常価格 1,123円 (税込)
紙の本 [参考] 1,404円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「日本一感動する講演会」と呼ばれている講演が本になりました。
北海道赤平市という小さな町で小さな工場を営みつつ、宇宙ロケット開発に情熱を注ぐ著者が、
本業もロケット開発も成功させている自らの体験を通して「みんなが夢を持ち、工夫をして『よりよく』を求める社会をつくること」を提唱します。
感動と勇気を与えてくれる一冊です。

ジャンル
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
ページ数
200ページ
電子版発売日
2011年12月02日
紙の本の発売
2009年11月
コンテンツ形式
XMDF

Posted by ブクログ 2017年09月08日

最初に作られたものは手作り
新しいものは誰も教えてくれないし、本にも書いてない

憶測の評論に負けないこと、これってすごく重要だし難しいことだと思う

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月27日

若いパパとママに読んでいただきたいと思います。子供の夢を摘まないように…子供の可能性を伸ばせるように…パパやママも、一度はあきらめた夢を取り戻すために、自分たちの可能性にも再チャレンジできるように…


 植松氏は北海道赤平市で(株)植松電機を経営し、バッテリー式マグネット装置を製造する傍ら、ロケッ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月23日

いままで考えて、話して、落ち込んで、それでも捨てきれなかったこと。全部この本に書いてあった。とても勇気が出たし、なによりも諦めないで頑張ろうと、前向きになれた。
ありきたりな感想になったけど、この本は人生を変えると思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月22日

読み終わったー\(^o^)/
独自に宇宙開発をしている北海道の田舎の小さい企業の社長の書籍。
「どうせ無理」を払拭することが大切。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月04日

「どうせ無理」をなくし、「だったらこうしてみたら」で世界を変える。
夢を夢で終わらせないためにもずーっと手段を考え続けなきゃね。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「NASAより宇宙に近い町工場」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play