森生明の一覧

「森生明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/05/27更新

ユーザーレビュー

  • バリュエーションの教科書―企業価値・M&Aの本質と実務
    今の自分にとっては、いろいろ整理するのにちょうどいい読みごたえの本
    後半に進むにつれて、うなずく内容が増える。MAのとことか。
    リアルオプションのとこはちょっと高尚すぎて中小企業では使わない。


    P24 「借金が多いほうが企業価値が高くなる」というのは、企業価値をグローバル定義のEVと同じものと考...続きを読む
  • バリュエーションの教科書―企業価値・M&Aの本質と実務
    実務でスタートアップのMAを何回か経験して感じたかゆいところへの回答が載っている。リアルオプションのところまでいくと、ケースが枝分かれしていき、うぁー、となるが、こういう訓練を普段からしているといいのだと思う。
  • バリュエーションの教科書―企業価値・M&Aの本質と実務
    『「和をもって貴しとする」だけでは済まない世の中は、持つ者と持たざる者の格差を広げ、不安、不満、開き直りを助長する。その苛立ちは暴動やテロにつながり、社会をますます不安定にする。

    このような時代に強くたくましく前向きに生きていく人たちを育むには、どういう社会をつくればよいか?
    「そのカギはバリュエ...続きを読む
  • 会社の値段
    この濃い講話を自分専用で受けられるとは、極めて良心的。熱いハートとクールな頭と独自の視点で、日本と日本人がアイデンティティを活かしつつ、グローバルな一員として共生していく。筆者は自分と同じ願いを持つが、何と頭の良いこと。
  • 会社の値段
    書かれたのは2005年、ホリエモンが主人公だった年だ。
    その後の騒動、リーマン・ショック、東電やオリンパスの経営問題を経たからこそなお知っておかなければいけないことが書かれている。
    株式会社というルール、M&A実務、PEファンドなどへの入り口としても優れている。
    おそらくメッセージは2つ。
    市民へ:...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!