立原透耶の一覧

「立原透耶」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/07/04更新

ユーザーレビュー

  • 三体
    文化大革命で父を虐殺され、世界を憎む様になった天体学者葉文潔が極秘研究に関わる事になる過程。現代のナノマテリアル研究者汪淼の前に突然謎のカウントダウンが発現し、基礎科学者の連続自殺の謎を含め原因を調べていく過程。そしてVRゲーム「三体」の謎。それぞれが繋がった先には…。それぞれかなり濃い内容で中国史...続きを読む
  • 三体
    職場の同僚に勧められて初めて読んだ中国のSF。
    スケールがでかい、文学的な要素もあり、またSFならではの科学を小道具とする様々なストーリー構築力。
    いろいろ科学的にそれは可能かと首を傾げたくなるところも多々あるが、読者を引き込む力は強力。
    地球幼年期の終わりと比較されることがおおいようだが、そこまで...続きを読む
  • 三体
    天体力学の三体問題をベースに、三体の軌道が確定・予測できない不安定さが、物語の動機として語られている。3つの太陽を持つ惑星がテーマとなり、過去から未来へと、物語の中の現実と、ゲームとして構築された世界を、交互に進行させながら、どこにたどり着くのか予測ができない。最新物理の知見が取り入れられ、驚きの理...続きを読む
  • 三体

    audibleから

    先にaudibleで聴いているうちに、音声では掴めない呼称が知りたくなって電子書籍版を購入しました。書籍版だと中国名が正確に読めずストレスになります。それを差し引いてもハマる!2作目3作目が早く読みたくなりました。三部作で出ている英語訳のペーパーバックにまで手を出してしまったくらいです。早く次が読み...続きを読む
  • 三体
    中国のSFというのは初めて読んだけど、圧巻の一言。
    文化革命で一人の少女に降りかかった悲劇から物語は始まるのですが、そこから縦横無尽に広がる展開が鮮やか。
    どことなくバカSFの波動を感じる辺りも最高です。何だよ「始皇帝が指揮する三千万人の兵士を使った人力コンピューター」って。面白すぎるだろ。
    それも...続きを読む