酉島伝法の一覧

「酉島伝法」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/04/05更新

ユーザーレビュー

  • 宿借りの星
    物凄い読書体験だった、という意味で星5。ストーリー自体はそこまで非凡な感じではないが、ディストピアを描く為の造語の嵐で、圧倒的な世界観だった。
    マナーゾ死亡シーンは切なかった。昏睡から目覚めて「あー、死ぬかと思った」が最期の言葉になった知り合いを思い出した。
    揚げ蟲とか肉舞美味しそう。卑徒と蘇倶の生...続きを読む
  • 宿借りの星
    夥しい造語に埋め尽くされている。最初の1ページで10以上の造語が登場する。しかしその造語がほどけていく感覚、綴りから読み取れる物語が何よりも楽しい。造語のひとつひとつが小さな小説と言ってもいいかもしれない。
    この着想、この世界の生態系が読者の頭の中に浸透していく。菌が漂い、種が蒔かれ、卵が産み付けら...続きを読む
  • 宿借りの星
    ああ…。酉島伝法の『宿借りの星』、読み終えてしまった。蘇倶たちの生き生きと、グロテスクなほどに生き生きとした蘇倶の世界の物語が終わってしまったのだ…。鮮烈すぎる世界の窓が閉じてしまい、本当に恐ろしいほどの虚無感だ。2019年ベストSFはもう『宿借りの星』しかないのではないか。
  • 皆勤の徒【創元SF文庫版】
    読者は1頁目から全てが異質、異形な世界に放り込まれる。
    SFというか、神話の域。
    言葉遊びの妙、漢字特有の酩酊感。
    クローネンバーグに映像化して欲しい。
  • BLAME! THE ANTHOLOGY
    劇場版が面白くてノベライズを探していたけれど、このアンソロジーもとても面白かった。
    設定資料集とか関連資料を探して読みたくなる気持ちが分かる気がする。
    原作を読みたい気持ちも高まった。
    181103

特集