皆勤の徒【創元日本SF叢書版】

皆勤の徒【創元日本SF叢書版】

作者名 :
通常価格 1,543円 (税込)
紙の本 [参考] 1,944円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

奇怪な造語に彩られた、誰も見たことのない異形世界を構築する卓越したSFセンス。100メートルの巨大な鉄柱が支える小さな甲板の上に、“会社”は建っていた。語り手はそこで日々、異様な有機生命体を素材に商品を手作りする。雇用主である社長は“人間”と呼ばれる不定形の大型生物だ。甲板上と、それを取り巻く泥土の海だけが語り手の世界であり、そして日々の勤めは平穏ではない――第2回創元SF短編賞受賞の表題作にはじまる全4編。連作を経るうちに、驚くべき遠未来世界が読者の前に立ち現れる。現代SFの到達点にして、世界水準の傑作。解説=大森望/本文イラスト=酉島伝法/電子書籍版特典画像をダウンロードできるID・パスワード付き。(本電子書籍は、『皆勤の徒』(創元日本SF叢書 2013年8月初版発行)を電子書籍化したものです。)

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元日本SF叢書
ページ数
343ページ
電子版発売日
2013年12月27日
紙の本の発売
2013年08月
コンテンツ形式
XMDF
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年11月15日

解説読むまで何事がバックボーンで進行しているのか、類推しかできませんでした。
密度の高い、パリンプセストのようなお話。
日本語でしか味わえない重層意味の用語多数のうえ、主観者がゆらぐため、読者(読める者)を選ぶ。
「なんも考えずに、作家の書いた文字列をそのまま再構築してそこで得られる情景を楽しめる」...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月12日

重厚で精密な世界観。難解。ややグロテスク。
万人受けはしない。
宇宙、異世界、昆虫を中心とした異形の生物が登場。
解説を読んで、もう一度読み返して、それでも分からない難解さがいい。

この世界観に魅せられると、並みの小説では物足りなくなる。

解説にもあるとおり、独特な造語が独特な世界を創り出してい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月13日

兎に角、凄いに尽きる一冊。この幻想的な異世界感だけでなく、言葉の使い方が物凄い。読みながらクラクラすると云うのが、第一の印象。そして、訳がわからん。でもその中に垣間見える、遥かな未来世界の面影。普通の人にはとてもお勧めできない。読むのも一苦労。苦労しながら、所々で明示される世界があって、また混沌に戻...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月16日

異様言語異様生物異様世界観で、意外にまっとうな筋をつけたらどうか!!?? という実験。
とはいえ異様度のほうが大いに勝り、大森望の解説なしでは何ひとつわかるまい。
ただやはり、どどんとぐちょぐちょと突き抜けた先に何かしらの詩情がある。これがいい。
それにしてもよくこんな小説を。

再読。

 序章
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年05月05日

絵の人なので、絵としての強いイメージがあって、それを文章に置き換えている感じがした。
解説では「読むのに時間と労力が必要」となっていたけど、あずまひでおや諸星大二郎を読み慣れた世代なので、全く大丈夫でした。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play