「吉羽龍太郎」おすすめ作品一覧

「吉羽龍太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/03/17更新

ユーザーレビュー

  • SCRUM BOOT CAMP THE BOOK
    もう少し凝ったイラストよりもこれくらい簡素な方が絵の主張が強すぎなくて好感が持てる。巻末にある「理解を深めるために読んでほしい文献」と「ボクくんが気づいた大切なこと」は、この本のまとめであり、見返して役に立ちそう。コラムに記述者名が書いてあって、文責が誰にあるのかが明確にされている感じがして好印象。...続きを読む
  • SCRUM BOOT CAMP THE BOOK
    今更だけど重厚長大な大企業にもAgileがやって来た。
    いや、正確にいうと言葉自体はもっと前からもちろん来ていたが、インフラ屋のところまでついに降りてきた上にそれでチームを回そうという機運が出そう(で、まだ出てないんだけど)ということで、今更ながらスクラムというものをお勉強。
    諸氏が書かれている通り...続きを読む
  • ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント
    タイトルや帯から、画期的な組織構造や評価システムについてのハイプな啓発書かと思いきや
    「喜びにフォーカスして仕事をする」、その価値観を実現するためにブレイクダウンした方法論を採用している…というロジカルかつエキサイティングなドキュメンタリーだった。
    採用されているプラクティスが名前こそつけられていな...続きを読む
  • 変革の軌跡 【世界で戦える会社に変わる“アジャイル・DevOps”導入の原則】
    DevOpsの導入によりどれほど劇的な変化があったか。劇的な変化までたどり着くにはどれほどの期間を要し、誰がどのように動いたのか。
    淡々と事実が綴られ、また達成は容易でないと釘をさす。
    少し身構えてしまうのが正直なところだが、変化への覚悟を生むためには最適な書。
  • ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント
    アメリカのソフトウェア開発会社「メンロー・イノベーション社」、そのCEOであり共同創業者である著者が語る、喜びが感じられる職場たる同社の働き方。
    個室やパーテーションがなく、レイアウト変更が自由、ペアを入れ替えながらの作業、一週の5日間の日別の作業承認ボードに貼られた計画おりがみとドットシールによる...続きを読む

特集