「真崎義博」おすすめ作品一覧

「真崎義博」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:真崎義博(マサキヨシヒロ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1947年09月23日
  • 出身地:日本

明治大学文学部英米文学科卒。『ポアロ登場』(アガサ・クリスティー)、『ピアニストを撃て』(デイヴィット・グーディス)、『森の生活』(ヘンリー・D・ソロー)、『アルゴ』(アントニオ・メンデス、マット・バグリオ)など多くに作品の翻訳を手がける。

作品一覧

2017/06/02更新

ユーザーレビュー

  • アルゴ
    カーター大統領が、病気療養との名目でパーレビ元国王をアメリカに
    受け入れたから、さぁ大変。イラン革命後のテヘランではホメイニ師を
    指導者と仰ぐ過激派学生が、元国王の引き渡しを要求してアメリカ
    大使館を占拠した。

    カーター大統領の支持率ガタ落ちの原因にもなった、イラン・アメリカ
    大使館占拠事件だが、...続きを読む
  • 未開社会における性と抑圧
    現代人類学初期の立役者であるマリノフスキーが、フロイトの精神分析理論に真っ向から取り組み、これに人類学的視点からの批判を加えるという、テーマを聞いただけで血湧き肉躍るような興味深い本である。
    初版は1927年だが、それ以前に書かれた前半部と後半部で内容が分かれている。
    マリノフスキーはフロイトの学説...続きを読む
  • ブルー・ヘヴン
    老牧場主や地元のカントリーマン、都会からの移住者。

    起きる殺人事件、巻き込まれる子供たち。
    手に汗握る展開。
    最高だ!
  • アルゴ
    [史上空前の一本]民衆によるアメリカ大使館の占拠から逃れ、イラン・テヘラン市内を転々としながら潜伏を続けた大使館員らを救い出すため、CIAは前代未聞で奇想天外な作戦を考案する。それは、「アルゴ」という架空の映画の製作をでっち上げ、人質らをそのクルーとしてイランから外国へ連れ出そうとするものだった.....続きを読む
  • 邪悪の家
    殺人事件が起こる大分前から物語がスタートし、事件の発生を防ごうと奔走するポアロ。

    若い女性に翻弄されている感のあるポアロが微笑ましい。

特集