ノース・ガンソン・ストリートの虐殺

ノース・ガンソン・ストリートの虐殺

作者名 :
通常価格 1,166円 (税込)
紙の本 [参考] 1,296円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

小さな事件が原因でアリゾナ警察を追われ、酷寒のミズーリ州の片田舎ヴィクトリーへと飛ばされたベテラン刑事ベティンガー。町は荒廃し犯罪が横行、同僚刑事たちの行動も怪しげで、よそ者の彼に冷たい。当初は彼らにも疑惑を抱くが、徐々にその誤解も解消してきた頃、残虐な連続警官殺しが発生した。仲間を殺された刑事たちの怒りの捜査は、やがて壮絶な闘いへ……レオナルド・ディカプリオ映画化のヴァイオレンス巨篇!

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫NV
ページ数
528ページ
電子版発売日
2016年09月15日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB

「ノース・ガンソン・ストリートの...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年01月26日

ミステイクが元で豪雪吹き荒れる打ち捨てられた街、ヴィクトリーへと飛ばされた黒人刑事。そこで警官たちの暴虐に追い詰められた麻薬密売人が牙を剥いた。警官狩りの殺し屋たちに追い詰められる刑事たちの、剥き出しの暴力、そして殺し合い。家族を犠牲にされた主人公もまた、狂気の殺戮劇の渦中へと巻き込まれて行く。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月29日

 黒人刑事が治安の悪い町に赴任した。
 そこで起きる刑事殺し事件。
 なんというか、もう、これでもか、と言わんばかりの陰惨な暴力。硬質で力強い文体から、それが興味半分では無くて、人が何故生きるのかという根源的な問に見えてくる。
 いやー、面白い、でも重い。
 これを映画化ってどうなるんだろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月14日

何と残虐な小説か。怒りと悲しみが全てを支配する。勢いはある。物語は破綻している。何で鳩があれほど死んでいたのかわからない。爆走している。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年11月07日

なるほどタイトル通りの”虐殺”が繰り広げられる。
ストーリーは単純ながら、ブラックユーモアを通り越してエッジのたったセリフの応酬、皮肉でペシミスト的な比喩や暗喩が散りばめられ、まるで近未来のディストピアのような破滅的な街を背景に、刑事達と殺し屋?の執念の捜査と闘いが繰り広げられる。
ここまで残酷な描...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,867

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!