ショーペンハウアーの一覧

「ショーペンハウアー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/05/01更新

ユーザーレビュー

  • 読書について
    読書はただ字面を追うのではなく、自分で考えながら読むべきだというシンプルな主張。数多の本が読書術について語っているが、大体の読書術はこの本に書いてある内容に集約されるのではないだろうか。
  • 読書について
    「本に呑まれるな」
    読書は思考のサポートにはいいが
    多読のし過ぎは他人の思考の残りカスで
    埋もれてしまい自分で考えるのをやめてしまう。
  • 意志と表象としての世界II
    ショーペンハウアーの思想が一番しっくりくる。というか圧倒的にわかりやすい。主張の価値と理解容易姓は関係はないなと。次巻で最後!
  • 読書について
    自分の頭で考えずに他人の考え方を多読しても惑うだけでなんの価値もない、量は少なくとも自分の頭でじっくり考えた読書にこそ価値があるんだよと約170年前のカリスマドイツ哲学者が語ります。 私の多読を全否定wwww
  • 読書について
    自分の頭で考えよう。思索しよう。
    暇と富を価値あるものに活用しよう。

    じぶんのあたまで考える
    ・思索しよう、自分の頭で考えたことは本を読んで思考を代用してもらった考えよりも素晴らしいよ。

    著述と文体について
    ・シンプルに表現しよう!
    ・比喩で伝えられれば、素晴らしい!それは洞察力の証拠だbyアリ...続きを読む