【感想・ネタバレ】オリジン 中のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年03月29日

ダン・ブラウン先生の最新作。
われわれはどこから来て、どこへ行くのか。科学者のみならず宗教家や私たちのような一般人でも興味を抱くような問いかけが主題。ラングドン教授も最後に言っていたが、その答えの指し示したエネルギーの拡散というものを誰・何が欲しているからかを決めるのは、また、宗教の世界になってしま...続きを読むうのではないだろうか。

カーシェが一緒に開発していた人工知能の問題も最後に取り上げており、今後発展していった人工知能の倫理観や人工知能とのかかわりあいを考えさせる最後だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月02日

あまり知られていない、スペインのキリスト教事情と、AIのこれからの進化への道筋。

でも、やはり一般的な「ロバート・ラングドン」シリーズに比べて、なんせ地味過ぎて、この内容では映画化は不可能だろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年11月08日

スペインが舞台なので、やはりガウディさんが出てきた。聖家族教会も不思議な形で暗号や象徴めいたものが多いから、やはり重要な舞台になりそう。
針小棒大でご都合主義な展開は相変わらずだけど、うまく騙しながら知的好奇心を刺激してくれるのならばいいかと目を瞑ることにする。

ただ、アメリカは王族がいないからわ...続きを読むからないのだろうけれど、フィクションで実際とは違うとは言え今の時代の話として実在の国の王族やその婚約者を登場させて主要な登場人物として動かすのはどうなのだろう?
自分だったら日本が舞台で秋篠宮ポジションの人が陛下を差し置いて娘の婚約者と大活躍みたいな話を韓国の人が書いて世界的ベストセラーになったりしたら微妙な気分になるけれども…。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月26日

面白くなってきました。

「悪名高き〝サグラダの螺旋〟か。ラングドンはのぼってみようと思ったことさえなかった。  サグラダ・ファミリアの目もくらむような螺旋階段は、《ナショナル・ジオグラフィック》誌の〝世界で最も危険な階段トップ 20〟の第三位に選ばれている。上のふたつは、カンボジアのアンコール・ワ...続きを読むット寺院の不安定な階段と、エクアドルの〝悪魔の大釜〟と呼ばれる滝の脇の断崖に刻まれた苔むす階段だ。」

—『オリジン 中 (角川文庫)』ダン・ブラウン, 越前 敏弥著

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月05日

上巻を読んで、気になる気になる!と思っていたカーシュの発見についてはまだたどりつかないし、誰が黒幕で誰がラングドンやカーシュの対立側なのか二転三転するからはらはらするし、とにかく下巻のラストまで読まないと落ち着きません!(もはや感想ではないけれど)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月14日

「われわれはどこから来て、どこへ行くのか」というこの世の不思議と宗教とを絡めながら話は進む。サグラダ・ファミリアやカサ・ミラなども登場するので、想像力を掻き立てられる。

いよいよクライマックスへと向かうが、カーシュの解き明かしたという謎がどんな内容だったのか、ワクワクして来ます!!!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月01日

殺害されたカーシュの真実を明らかにすべく動くラングトン。
ガウディの作品を舞台に物語の謎は益々深まっていく。
下巻の結末に向かって、一気に物語も盛り上がる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月27日

 スペインの名所を次々と訪れる豪華な舞台設定といい、見栄えするだろう演出といい、ますますもって映像化向きです。
 カーシュの発表内容についても、一連の黒幕についても、なかなかつまびらかにされませんね。まだラングドンが本領発揮していない印象なので、ここからどう真相に迫っていくのか楽しみです。

 今回...続きを読むやはり、ラングドンの大立ち回りと移動距離が少ない気がする……ウィンストン様様ですねぇ(笑)
 それと、読者の心はきっとひとつでしょうが、この作品を読むと無性にスペインに行きたくなります(笑) この文庫を片手に、カサ・ミラやサグラダファミリアの外観から内部から、隅々までこの目で確かめたくなりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月22日

当たり前だが、とても面白かった。個人的にはダンブラウンの本で一番良かった。単に宗教と科学の相克といういつものテーマだけではなく、科学を通した未来を含んでいて非常に刺激的だった。読んで損はしないのは間違いない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月11日

「われわれは、どこから来て、どこへ行くのか」その公表を阻止しようと迫る中、鍵はなかなか見つからない。
このまま公表はされないのか?読者のどきどき感を上手にあおってくる。
そのまま下巻も続けて、読んでしまおう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月24日

最終巻が楽しみになる一冊でした。
ラングドンシリーズならではの追跡者の影も忍びよって来て、結末が気になります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月10日

舞台はカサ・ミラとサクラダファミリア。
ラングドンとアンビラの逃避行は続く。

スペインの皇太子。カトリック教会の司教。退役軍人など様々なひとが登場するけど、誰が敵で誰が味方なのか分からず、カーシュの残した謎解きが続けられます。

カサ・ミラを邸宅にしたり、特別仕様のテスラなど金持ちぶりに目がいって...続きを読むしまいます。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年04月10日

カーシュの暗殺はパルマール教会の仕業か、しかし、スペインのカトリックのバルデスピーノ司教がスペイン王子を連れ去った.どういうことか?謎は深まる。 さて下巻で全ては明らかになる?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月18日

上巻からある女性の行動に違和感を感じるんですが、下でこの人が黒幕関係じゃなかったらとんだうっかりちゃんだと思います。

このレビューは参考になりましたか?