【感想・ネタバレ】下町やぶさか診療所 いのちの約束のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2021年01月19日

 池永陽さんの「下町やぶさか診療所 いのちの約束」、2020.10発行、大満足です。真野浅草診療所の大先生、真野麟太郎64歳、若先生で大学病院勤務の真野潤一29歳、麟太郎のところに居候している元ヤンキー、武道家、高2、17歳の麻世。連作短編7話。純愛・恋愛・不倫あり、義理と人情とアクションあり、7冊...続きを読む分を楽しませていただきました。続編を待っています!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年10月25日

池永陽『下町やぶさか診療所 いのちの約束』集英社文庫。

シリーズ第2弾。東京の浅草にある診療所を舞台にした下町人情物語。

本作に描かれる様々な人びとが抱える問題や事情は、全てがハッピーエンドで終わる訳ではなく、各々が精一杯のことをやり尽くした結果だと思えば各々が納得出来る最良の結果なのだろう。今...続きを読む回も難しいテーマを丁寧に描いており、最後まで読ませてくれる。

浅草の診療所の大先生こと真野麟太郎が自殺未遂を起こした男勝りな美貌の女子高生・麻世を引き取り、一緒に暮らし始めて数ヶ月。母親の愛人に傷付けられてから頑なに心を閉ざし、ひたすら武術に没頭し、生来持つ才能を開花させる麻世。診療所に訪れる患者、麟太郎が通う『田園』の客が抱える大人の事情。そんな人びとと接するうちに麻世にも少しずつ変化が……

まだ続きがあるのか……

本体価格700円
★★★★★

このレビューは参考になりましたか?