【感想・ネタバレ】機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(中)のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

Posted by ブクログ 2010年06月16日

個人的にはかなり好きな部類の本なんですが、一般受けはしないだろうなという感じの内容です。
ちょっと話が重いので、好き嫌いが分かれてしまうと思います。

特にラストがかなりきついので、誰も救われずに終わるという話は読んでいても辛いものがあります。
こんな腐った組織はつぶれてしまえばいいという考え方もわ...続きを読むからなくはないです。

でも、紆余曲折があったとはいえハサウェイがシャアと同じ結論に至るというのは皮肉なものがありますね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年09月19日

2021/08/25〜09/19
富野由悠季らしい台詞回しも気にならなくなる。
上巻が映像化されたことで頭の中でハサウェイが、ギギが、ケネスが、そしてレーンが実像を伴って動いてくれるので非常に読み応えがある。
シリーズファンの多くが本作を未読であっても主人公ハサウェイの行く末を知っているという珍しい...続きを読む作品。
終盤ではブライトも物語に登場し、最終巻である次巻がますます楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年06月07日

連邦軍の所業に憤慨し、マフティーへの共感を深める…ティーンエージャーの頃に読んでいたならば、それくらい心が動いたかもしれない。
文章であっても躍動する描写はさすが富野御大。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月28日

あらま、びっくりするぐらい面白いじゃん
歴史は繰り返すってわけではなくて、富野さんの作風というか
ガンダムの作風なんだけど、男女の人間ドラマがとても心地よい
なんか、深いんだけど、普通じゃない、爽やかで、悲しげな関係
ほんと、ハサウェイは同じことを繰り返す
というか同じことを好むのが人間そのものの本...続きを読む質なのかな?
しかし、シャァがクエスとしたことをまんまやってたのには笑ったよ
でも、逆にそれが今読むととても心地よい、名作だなぁ〜

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年05月06日

ギギが中心に展開しているように思うけど、個人的にあまりギギは好きではないな。
ふたりの男の間に位置するように立ち回り、本心を語らず、ふたりの結末を観ようとする。卑怯ともいえる。
最終的にはハサウェイの方へ移ったけど。
2巻ではあるけど、まだハサウェイがマフティーを演じるには無理があるようにみえる。
...続きを読む最後にハサウェイの父親ブライトが、ハサウェイ率いるマフティー討伐の掩護のために地球へ向かった。
マフティーが自分の息子であると知らずに、その討伐掩護に向かう。そんなブライトに複雑な想いになる。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年04月22日

上巻のレビューとは違ったことを書こうww

いや、ミノフスキークラフトいいねえ。
飛べないガンダムが飛んじゃったよって感じで。

ガノタの中でもニュータイプって何だろうってことをちょっとでもマジで考えたことのある人は読んで欲しいな、本作を。

ライトノベルなんてタグ付いてるけど、全然ライトじゃない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年07月03日

暗いがリアリティのある傑作
・宇宙世紀を描いた初代ガンダムの流れを正当に汲んでおり、その後の
 ZやZZから宇宙世紀の他作との矛盾もなく自然に読むことができます。

・逆襲のシャアのように不可思議のうちの終幕ではなく、リアリティのある悲劇で幕をとじています。

・それでも躍動する命や人と組織の...続きを読むあり方、人と地球、宇宙のつながりなど思慮に富んだ作品だと思われます。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年06月24日

テロリズムと移民の話だった上巻とは打って変わって、中巻は恋愛がテーマに。正規軍のケネス大佐との三角関係なのかと思いきや、妖艶な女性ギギ・アンダルシアに完全に主導権を握られてしまうテロリストの頭目マフティー・ナビーユ・エリンことハサウェイ・ノアの物語。なんとなく付き合ってる恋人とギギの間でどっちつかず...続きを読むながらもギギに主導権を握られてしまう辺り、まるで大瀧詠一の『A LONG VACATION』の主人公のようなうだつの上がらなさを感じる。

「おれたちは、閣僚の粛正で分るとおり、ターゲット以外にはなにもしない」(本書66頁より引用)というテロリスト仁義が語られるが、上巻で見た通り、ハサウェイは自らの組織が行うテロリズムによる民間人の犠牲者に心を痛める心性の持ち主である。上巻のあの描写と本書での恋愛のすれ違いを考えると、物語の行き先は、もうそうなるしかないのが悲しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月05日

前半は物語が動かないので、正直、退屈ではある。
しかし、富野由悠季監督が『宇宙世紀』をとてもよく考えて設定しているのが分かる。
後半になってやっと面白みが出てくる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月27日

しばらく間があいてしまった。

ギギの描写が秀逸。
ギギの考えをあえて明確にしていないようで、
突然悲しがったり、突然行動を起こしたりしたように見える。
でも、そのときのギギの表情、素振りが目に浮かぶよう。不思議。

クライマックスはどうなるかな!

このレビューは参考になりましたか?