【感想・ネタバレ】ゆうやみ特攻隊(3)のレビュー

書店員のおすすめ

『ハイスコアガール』、『でろでろ』で有名な押切蓮介先生の長編アクションホラーです!
小さいころに霊に姉を殺された主人公、翔平が、霊に対する復讐を誓い、高校の心霊探偵部に入部して、おどろおどろしい悪霊や悪人と対峙する…というストーリー。

この作品の魅力は、なんといっても、ストーリーの猟奇性とギャグの絶妙な比率!!
加虐心や欲望の渦巻く展開はすっごく残酷で、そういったシーンは戦々恐々しながら読んでしまうのですが、『でろでろ』などで培った緩いギャグが適所で光るので、作品全体としては、胃もたれしないで読むことができます!

既に完結しているので、面白いマンガを一気読みしたいという方に是非お勧めです!
物語が動き出す第2巻まで、まずは読んでみてください!!

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年01月09日

「彼岸島」×「三國無双」?うぉおおおお、ミスった!「ゆうやみ特攻隊」は、一巻を読んだだけで投げてしまっていたが、二巻以降の黒首島編がむっちゃくちゃ熱い。細部はどうでもいいくらい熱い。主人公・辻の姉の敵の霊・ミダレガミを討ち滅ぼすべく、最強の霊能力者の弥依部長ひきいる心霊探偵部は、人身御供の風習の残る...続きを読む孤島・黒首島に乗り込む。その空気感はまさに「彼岸島」。そして襲い来るきみわっるーい亡者どもを、ばったばったと粉砕していく天下無双の部長の姿には「三國無双」のような爽快感を味わえる。次から次へと迫る危機、分断される探偵部。この先どうなる!?って感じ。あーおもしれー

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

花岡隊長が頼もしくてしかたない日々(桜井のりお先生・談)。
ああ花岡隊長は頼もしい。「頼もしい」という言葉はこの人のためにあるかのようだ。この人の頼もしさ自体が純粋にこのマンガの楽しさになってしまうほどだ。

ここで描かれているのはあまりにも危険で禍々しく救いのないような世界だが、隊長さえいてくれれ...続きを読むばきっと何とかなる。そう思えてしまうのは、もはや信仰である。
陳腐な言い回しをすれば「恐怖」という神を信仰する村(劇中でも隊長につっこまれてましたが)を、花岡隊長という異教の神が物理的に蹂躙するというミニ聖戦の構図にもなっていて、狙いだとしたらものすごく斬新な気がする。
閉鎖的な村の「異教化」を描いた話はいくらもあるが、閉鎖的な村に物理的な破壊を持ち込んで異教化するという、定義通りの聖戦を描いた話となるとちょっと思いつかない。こうやって字にするととんでもない話だな。今までなかったわけだ。
こういうムチャクチャな話をシリアス寄りなエンターテイメントとして成立させる異様なバランス感覚は、ギャグもシリアスもいける押切蓮介先生の真骨頂でもあるだろう。

それにしても押切先生が描く女の子の透明感のある美しさはなんとしたものか。カバー下で「おそろしくてチビりそうだわーっ!」と最高の笑顔で言うカエさんも色々な意味でたいがいだが、鉄家の翠(すい)のエロ可愛さときたらどうなの。なあ、おい!
翠がやってることは相当えげつないわけですが、あまりに見た目が可憐すぎてこの子が花岡隊長によってボコられる光景というのがいまひとつ想像つかない。
それとも今回の月(ゆえ)のように、やられる場面では思いきり憎たらしく下賤な顔になるのだろうか。それはそれでなんか複雑な気分だ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

少年シリウス連載作品だから、カテゴリは「少年」でいいんだよ…な?

部長じゃねえ、隊長と呼べ!と怒鳴る最強の女子・弥依、頭脳派のカエ、そして主人公であり幼い頃悪霊に姉を殺された過去を持つ翔平。3人合わせてお化け八つ裂き部…じゃなかった、悪霊皆殺し計画部…じゃなかった、心霊探偵部。1巻の導入部をふまえ...続きを読むて、2巻からは舞台が禁忌息づく小島へ。
確実にドロドロと、グログロとした展開になっていくけど、この作品の場合ここぞというところで弥依がカタルシスを与えてくれるので鬱気分にならなくて済むと思う。翔平も、少しずつだけど精神的に強くなっているから「役に立たねぇ主人公だな!」という気分にならないし。

反対に、鬱気分をゴリゴリあおるのは同じく押切作品の「ミスミソウ」です。
無駄に躁気分になるのは同じく押k(略)「でろでろ」です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

奥様3人がめちゃくちゃ怖いです。でもうまい作り方ですね。が、気になるところで終わりました。気になります。

このレビューは参考になりましたか?