【感想・ネタバレ】光とともに…~自閉症児を抱えて~(4)のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2020年12月25日

 第4巻は,光くんが5年生となり,これまでうまく指導してくれていた支援学級の担任が替わってしまい…というお話。親の気持ちや,疲れてしまっている退職前の教師の気持ちがうまく描かれていて,今の学校の縮図を見る思いだった。
 巻末に文章を寄せてくれている長江清和先生は,マンガの中の青木先生のモデルの一人ら...続きを読むしいです。いい先生もいっぱいいるね。
 学校の事なかれ主義が鼻につくよなあ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月30日

冬休み、光くんと電車で出かけた先で
偶然結婚式場にいる青木先生と若林先生を見かけた幸子。
ふたりは「光くんがキューピット」と言ってくれ
若林先生が担任しているクラスの子どもたちだけでなく
光くんと美羽ちゃんも、披露宴に招待したいと言ってくれる。

冠婚葬祭に「どうしたら参加できるか」という視点で
...続きを読む特に夫側の)親族から配慮してもらえなかった幸子は
とてもよろこんで、披露宴への参加を決める。
披露宴当日も、凄腕のボランティアの渋沢さんや
手つなぎペアの石田くんたちが子どもたちの世話をしてくれ
幸子も本田さんも久しぶりにリフレッシュできていた。
ネズミ―マーチを披露宴で子どもたちが踊ったときは
青木先生も男泣きしていた。
いろいろ工夫して、ふたりの子どもたちに関わってきたからこそ
こみあげるものがあったのだろう。

ただ、同じ小学校の教師が結婚となると
当然異動の話が出てくるわけで、青木先生がいなくなるということに
披露宴の帰り、幸子と本田さんは気づく。
そこからふたりは教育委員会にまで押しかけて
青木先生を異動させないでほしいと騒いでしまったりと
しばらくはその事態を受けいれられずにいたが
青木先生が板挟みで苦しむだけだと気づき
また、今の校長先生なら誠意ある対応をしてくれるからと
感謝して見送ろう、という結論に達する。
そして、辞令がおりた終業式後に青木先生は
家までスムーズな引き継ぎのために挨拶にきてくれた。

しかし、校長先生が急病で亡くなってしまい
あさがお教室の先生は郡司先生になり
教室の位置も予告なく変更されてしまう。
郡司先生はASDに関する知識がなく、また子どもたちの特性を
わがままととらえてしまい、光くんも美羽ちゃんも
パニック、問題行動の連続の日々を送ることになる。

それでも、家庭訪問や
手つなぎペアの子たちと交流する姿を見たをきっかけに
郡司先生も、少しずつ考え方が変わっていく。
ある日、疲れた郡司先生が自分で肩を叩いていたら
光くんが先生の肩を叩いてくれ、郡司先生の幸子たちへの態度も軟化する。

長期休みの間、光くんが常同行動を行うことや
こだわりが強くでる場面
変化を受けいれるのが苦手で、幸子にもテレビ番組の変更を
何度も確認する場面などが興味深かった。
落ちつくからといって
ずっとこだわりに寄りかからせるわけにもいかないし
変化したものを戻すことも難しいわけだから
それを受けいれる努力が光くんたちには求められてくる。
その塩梅が難しいなぁと。
それでも変化を受けいれるキーワードを見つけたり
少しずつ「苦手」を克服しようとする光くんの頑張りが印象的だった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年09月14日

生きていく以上、新しい人間関係は避けられないわけで。
そこでも子供のために諦めずに新たな関係を築こうとする母親の姿に感服。

このレビューは参考になりましたか?