【感想・ネタバレ】トゥルークの海賊2のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年08月31日

海賊も女王も怒らすとか、偽グランドセブン半端ないw黒幕どこだろう、と、ラストのおじいちゃんはグランドセブンの誰?ってとこが大いに気になるなぁと。寡黙なあの人だと私得(*´ω`*)

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年08月11日

あの女王と海賊を怒らせ、さらに震え上がらせ、といろいろな展開を見せる今回。
個人的には、読書中、ちょうど「大いなる闇」が麻袋(苦笑)から出てきたところに差し掛かった時、突如外では雷と大雨になり、「なんてタイムリーな効果音」という状態になりました・・・。
怒ったルウには近寄らないに限ります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月01日

短編もいいのですが、やはり長編が好き。話の続きが気になってしょうがないこのもどかしさをまた、味わえて幸せです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年07月31日

個人的に後ろから2枚目の挿絵が最高でした。
リィと麻袋の組み合わせはデルフィニアで散々活躍したのでとても懐かしくて、それプラス想像した以上の惨状のルウが出てきたことで本当に、何と言うか、テンションが上がりました。
グランドセブンもみんな違った方向にですが気持ちの良い感じの人たちで、人間出来てるなぁと...続きを読むか思ってしまった…
それにしてもジャックの描写と口絵を見て「人類最強」を連想したのは私だけではない筈…!

次巻は比較的すぐなので、心待ちにしたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年07月31日

次巻に続いちゃった…
超ザコにしかみえないグランドエイト(笑)が
なまいきにもいろいろがんばっちゃうもんで
カタルシスが得られないまま…

麻袋で人(笑)を運ぶのは危険だからやめましょう。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年04月15日

本物と偽物の比較ができてイラストの存在が有難かった。
が、表紙のケリーが突っ込みを入れているようにしか見えなく。。。

ダイアナの成長過程が少し覗けて興味深かった。

二度読みすると、色々伏線があったのだな、と気づく。

デルフィニアのネタもあって、楽しめた1冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月27日

悪役腹たつなぁ!あいつらをコテンパンにする瞬間を楽しみに読んでるが、まだだなぁ。懐かしいグランドセブン話が逆に新鮮で、知ってたんだなぁとか。ラストの古いメンバーっぽいのは誰かしらん。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月24日

重箱の隅の隅までこれでもか、と詰められてしまった
お節料理が美味しそうに見えないのと同じで、
何でもかんでも書いてしまって良いわけではない。

冒頭の、ケリーの過去の海賊話はわざわざ書かなくても良かったのでは。
読者の想像の世界に任せても良かったのでは。

久々に麻袋が登場したのには、大いに笑えた。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年12月02日

ルゥがトゥルークに行っちゃった・・・

道中の『パラス・アテナ』の船内の空気が、手取るように伝わってくる・・・

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月10日

今回こそ海賊夫婦の大暴れが読めると期待していたのに、ちょっとがっかり。
ケリーの過去の大物海賊たちの話はおもしろかったけど。

これで、主要メンバーは勢ぞろいしたのだから、次回こそ敵をボコボコにやっつける海賊夫婦の活躍を期待。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月12日

グランドセブンとケリーの過去話が良かった。
前半はクーア夫妻グループ、後半はパラスアテナにリィやルウ達学生グループ乗せてトゥールークへ行き、オールスター。
わくわく楽しい展開でした。早く次が読みたいです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年08月17日

偽グランド・セブンたちに怒り心頭の海賊王。意外な線から解決の糸口が見えだしたけど、ルゥをつれてのトゥルーク行き、怒濤の展開に…
核だのとやばいことになりそうだけど、金銀黒と怪獣夫婦までいるんだから、そう簡単に悪党たちの思惑通りにはならないだろうなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月29日

偽物とご対面(?)した挙句、仲間に誘われるという
これほども怒りを増幅させるつぼを押してくれる事はないという状況。
そして追いかければ、そのゲートはルーレット。

疑いをかけられた相手に連絡する理由は何かと思ったら
使う気満々ですかw と笑ってしまいました。
さすが…する事に無駄がない。
しかしお馬...続きを読む鹿というか世間知らず青年の身内が
まさかのこちらとは…あぁそりゃ全部クリアーできるの
あそこになりますよね、と納得。

そして学生側。
大人話なので出てこないのかと思ったら
ばっちり出てきてます。
しかも時期は課外授業が終わった後。
そして麻袋…ものすごく憶えがあります。
あの状態は、全て『封印』だった、という事…でいいんですよね!?
最近の麻袋はすごいな、と思ってみたり。

飛び立った船。
そして乗っていた娘。
最後の方でのきりきり場面は、一体どう繋がって
どうなるのか…秋がものすごく待ち遠しいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月08日

グランド・セヴンによる「今売り出し中の海賊王」を囲む会、な1章が楽しくて仕方ない。
さて、「たった一枚、家から持ち出してきた写真」を制御卓に貼って「何十年ぶり」かに船を発信させているパミール・シオンとは一体誰なのか?
1巻の「それを言うなら船乗りのほとんどは僧侶の資格があることになりますよ。―特に昔...続きを読むの船乗りにはね。」ってケリーの台詞は伏線だったのか…。
偽物のイラストがあまりにも偽物偽物していて笑った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月29日

二代目気取りのカンチガイ海賊連中に、金持ちおばかっちょ。
海賊と女王がどうするのかと思ったら、お月さん大激怒の2巻です。

ライジャ姉の恋人が、いかにも怪しくて仕方ない。もういかにも三流ジゴロ、って感じです。

3巻で終幕となるんでしょうか。
カンチガイ海賊ぶっつぶしとなるんでしょうか。地上トゥルー...続きを読むクの方は片付いたようなので、ぜひ宇宙の方もかたづけていただきたい。

パミール・シオンが、誰なのかですね。彼が本家の一人なのか?それとも、後継者なのか?
ま、キングがいるんですけどね。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年09月29日

『パラス・アテナ』の前に現れたのは、二代目「グラウンド・セブン」。
 おまけに「ブラック・スワン」二世号と名乗りだした男に、ケリーの顔から表情が消える。

 おまけに「大いなる闇」が現れたと聞いたトゥルークの僧は大混乱。
 前代未聞の僧籍離脱を遂げた二人にまで話は及んで……という話でした。

 いよ...続きを読むいよ中も外もぐちゃぐちゃでした。
 作者様らしいテンションで、たくさんの登場人物がしっちゃかめっちゃかで動き回る。
 そんな話でした。
 いつもと変わらないテンションのお話をお望みの方には是非、オススメします。

 いつまでも同じテンションで書き続けられる作者様を尊敬します。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年06月08日

4年ぶりくらいに読むのを再開。久し振りに読んでも安定する怪獣夫婦と太陽と闇。ケリーが二代目グランドセブン(偽)に対して激怒したことが何よりも嬉しかった。当たり前だが、海賊王は常に海賊王で在るという事が喜ばしい。そして、リィ……よくルゥを麻袋に詰められたな……って思った。リィだから出来ること……うん。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月06日

てっきり読んだと思ってたのだけどどうやら読んでなかった模様、どうりで3巻読んだ時に色々?と思ったわけだよ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月03日

シリーズ1作目は状況説明に終始していてちょっとがっかりだったが、怪獣夫婦に加えて金銀黒天使が動き始めて、やっと面白くなって来た。ただ毎回思うけど、金銀天使はなぜ中学生の設定でなくてはいけないのかな?それと、トゥルースの僧侶達の名前が面倒くさい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月24日

怒髪天という単語が連発する前半は思わず笑った。しかし、怒ったり、青くなったり赤黒ゴジラ夫婦も忙しい。

このレビューは参考になりましたか?