【感想・ネタバレ】喧嘩商売 1巻 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年03月07日

今ある格闘技漫画の中では一番面白い。
他の漫画ではあまり見られない「読み合い」が戦況を大きく左右するファクターになっている。
新技やご都合主義でなく、納得のいく戦略で勝負が決まるのだ。
登場人物の過去や闘う理由もありきたりでなく、全てのキャラクターに魅力がある。
賛否両論のギャグは凄惨な試合内容とバ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月30日

24巻で止まっているんですよねー
今までに無い格闘技コミック。
難しいのは分かるけど続きが読みたいね・
続き
喧嘩稼業で再開しているけど輝きは失われているな。設定に無理がありすぎ。
完結しないだろうな・・

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年11月03日

あの、木多 康昭さんが何ということか真面目に格闘漫画を描いている・・・!!
とはいえ「幕張」の頃に見せたような風刺ギャグや、やりすぎ感漂うギャグパートも顕在。
たくさんの喧嘩屋、格闘家たちのエピソードが散りばめられていて
それが徐々に主人公・佐藤十兵衛に繋がっていくのかと思うとワクワクがとまらない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年10月27日

木多氏が好きなら買って損はない。
ただ、ちょっといままでよりもマジメにバトルしたりしてるので、
ギャグ一辺倒ではない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2006年06月04日

真面目3:危ないギャグ7。
青年誌ってこんなのがオッケーなんだとしょっぱなから引いた。木多は相当な照れ屋とみた。

このレビューは参考になりましたか?