マルクス・アウレーリウスのレビュー一覧

  • 自省録
    超良書。

    マルクス・アウレーリウスの強靭な精神力に脱帽。

    終始一貫感謝で書かれた第一巻。
    いかに自身が人との出逢いで学び恵まれているかを書き連ねていることに驚く。



    人生に起こる様々な出来事というのは、
    何ら自身の内に損害を与えることはない。

    全ての出来事をどう判断するかは自身の心である。...続きを読む
  • 自省録
    自分用のメモ書きみたいなものなので,ハッとさせられるような記述がたくさんありはじめは喜んで読んでいたが同じような内容の繰り返しだから後半はすっかり飽きてしまった。しかしこれだけのことを戦いに追われる毎日のなかで自分を保つため必死に書き留めていた人がひとりいたというただその事実だけで何か励まされるよう...続きを読む
  • 自省録
    大昔に書かれた文章なのに、時代を超えて人の心を打つ内容に驚かされました。落ち込み、悩み、迷った時、この本の一文に触れると、力をもらえる気がします。
    一読して終わりでなく、何度も読み返したい本ですね。
  • 自省録
    ローマの賢帝マルクス・アウレーリウスが生きる中で自分に語り掛けるように書いた日記のようなものが自省録である。

    彼は、本当は大勢を指導し強大な権力を行使できる皇帝の立場よりも、一人書斎で沈思し哲学をできる自由人になることを切望しつつ、それが叶わず、それでもなお、自分の哲学に従って政治を行い、ローマの...続きを読む
  • 自省録
    こんなひとがいたなんて思いもよらなかった。
    幸か不幸か、彼という人間は文字を知っていて書くという行為のできる人間であったために、生きて死んでいく人間として、どこまでも等身大に考え続けた精神を再び見出したのは、不思議な感じ。
    生きて死ぬこの存在はいったいなんなのか、彼はそう自分に問うのである。皇帝だと...続きを読む
  • 自省録
    ソウルブック。

    宇宙に一冊だけ本を持って行っていいと言われたら、
    迷わずこの本を選ぶ。

    ・・・と思っていた時期が、人生の中で確実にありました。
    (数年前)
  • 自省録
    詭弁術に熱中して横道にそれぬ事。

    理論的な題目に関する論文を書かぬ事。

    けちなお説教をしたり、道に精進する人間、善行に励む人間として、人の眼をみはらせるようなポーズをとらぬ事。

    レトリックや美辞麗句をしりぞける事。

    独立心を持つ事。

    ざっと全体を概観するだけで満足せぬ事。

    饒舌家達におい...続きを読む
  • 自省録
    原始仏教思想との連関を感じる。
    もし、マルクス帝が純粋な哲学者であったらこのような著作は残っていなかっただろう。
    皇帝でさえ、死後に名を残すことも名声も大事業も虚しいと感じていた。このような著作が二千年近くも読み継がれてきたことに、永遠とは何かと思う次第。
  • 自省録
    世界史で学んだ哲人皇帝による自省録(読後は原題の「自分自身に」のほうがしっくりする)。1,800年来、数えきれない人たちに読み継がれてきた言葉は、教養や自己啓発といったカテゴリーを超えて鋭く心に響く。
    「人生の終止符がいずこにおかれようとも自己固有の目的を達成(p209)」するために、「この一瞬間に...続きを読む
  • 自省録
    長く読み継がれた哲人皇帝マルクス・アウレーリウスの名著ですが、ストア哲学を思想的背景にしていて、言葉の行間を読むのは難しいなと感じました。
  • 自省録
    ローマ五賢帝時代の最後の皇帝であるマルクス・アウレーリウスによる著作。
    軍事よりも学問を好んだマルクス・アウレーリウスは、後期ストア派を代表する人物でもあり、本書は、静かな瞑想のときに自らの内省のためにぽつりぽつりと記されたものと言われる。
    「あたかも一万年も生きるかのように行動するな。・・・生きて...続きを読む
  • 自省録
    ローマ皇帝であるマルクス・アウレリウスの自省録。外部向けではなく、自分の思考を書き留めていたものだ。それだけに文章が飾られておらず、核心に触れている。

    それにしても、1900年前の人間の描いていた死生観や時間感覚、人間関係への洞察力の深さに驚く。現代に置き換えても全く違和感がない。長い間名著として...続きを読む
  • 自省録
    古典な2015年にしたいと思っています。積読だった「自省録」を。ローマ皇帝という絶対的な権力を手にした人間がここまで内省的、自制的に生きていたという事実に感動。
    常に自らの理性を信じ、宇宙や自然の理に従うことを意識しつつ、一人の人間として、そして皇帝として世間の多くの矛盾に向き合う日々における葛藤は...続きを読む
  • 自省録
    ローマの五賢帝の最後、マルクス・アウレリウス・アントニヌス帝の御本。彼は西暦121年生まれだそうで、およそ2000年前に書かれたものです。
    現代の世界に生きる人間からは想像もつかないような、はるか昔の世界で書かれた話。歴史を感じる不思議な例えで、皇帝の言葉が心に抵抗なく入ってきました。皇帝の、自分に...続きを読む
  • 自省録
    彼は自分を律することができる人なんだと思いました。
    私は自分を省みる時によくこの本を開きます。2000年前も今も人間は人間なんだなと感じてホッとします。
    世界史の教科書では古代の偉大なローマ帝国・五賢帝の一人として名前があるだけですが、この本を読んで、一人の人間マルクスアウレーリウスを垣間見ることが...続きを読む
  • 自省録
    もともと著者は人に見せるつもりはなく、メモのようなものを寄せ集めて本にしているので一部理解できない箇所もある。しかしながら中には的を射た言葉が数多く、読んで損はない。
    大抵が数行で終わるので短い時間で読めるのもいい点かもしれない。
    たぶんこれからもたまにパラパラめくっては読むだろうバイブル的存在。
  • 自省録
    実際いかなるところといえども、自分自身の魂のなかにまさる平和な閑寂な隠れ家を見出すことはできない。この場合、それをじっと眺めていると、たちまち心が完全に安らかになってくれるようなものを心のうちに持っていれば、なおさらのことである。そして私のいうこの安らかさとは良き秩序にほかならない。であるから、絶え...続きを読む
  • 自省録
    ”君の肉体がこの人生にへこたれないのに、魂のほうが先にへこたれるとは恥ずかしいことだ。”って名文句が帯にドンと書かれていたら買っちゃうよねw

    哲人皇帝と呼ばれたマルクスアウレーリウスが、信念とするストア哲学に照らし合わせた内省のメモをまとめたもの。だから秩序だってない。だけど現在も誰しも感じる思い...続きを読む
  • 自省録
    ローマ五賢帝のひとり、皇帝マルクス・アウレリウスのストイックな"つぶやき"集。とにかく自分に厳格で、読んでいると見の引きしまる思いがする一冊。自分の執着を振り払おうと自分に呼びかける記述が多く、そこから逆に自分の家族、哲学、知識欲などに対する執着や、苦悩が透けて見える。
    一つ一つの記述はごくごく短い...続きを読む
  • 自省録
    こんな昔の人がこんなすごいこと考えてたなんて!!
    ある意味これはバイブルです。自分への戒めにぴったりの本。