「マルクス・アウレーリウス」おすすめ作品一覧

「マルクス・アウレーリウス」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/04/26更新

ユーザーレビュー

  • 自省録
    自分用のメモ書きみたいなものなので,ハッとさせられるような記述がたくさんありはじめは喜んで読んでいたが同じような内容の繰り返しだから後半はすっかり飽きてしまった。しかしこれだけのことを戦いに追われる毎日のなかで自分を保つため必死に書き留めていた人がひとりいたというただその事実だけで何か励まされるよう...続きを読む
  • 自省録
    大昔に書かれた文章なのに、時代を超えて人の心を打つ内容に驚かされました。落ち込み、悩み、迷った時、この本の一文に触れると、力をもらえる気がします。
    一読して終わりでなく、何度も読み返したい本ですね。
  • 自省録
    ローマの賢帝マルクス・アウレーリウスが生きる中で自分に語り掛けるように書いた日記のようなものが自省録である。

    彼は、本当は大勢を指導し強大な権力を行使できる皇帝の立場よりも、一人書斎で沈思し哲学をできる自由人になることを切望しつつ、それが叶わず、それでもなお、自分の哲学に従って政治を行い、ローマの...続きを読む
  • 自省録
    こんなひとがいたなんて思いもよらなかった。
    幸か不幸か、彼という人間は文字を知っていて書くという行為のできる人間であったために、生きて死んでいく人間として、どこまでも等身大に考え続けた精神を再び見出したのは、不思議な感じ。
    生きて死ぬこの存在はいったいなんなのか、彼はそう自分に問うのである。皇帝だと...続きを読む
  • 自省録
    ソウルブック。

    宇宙に一冊だけ本を持って行っていいと言われたら、
    迷わずこの本を選ぶ。

    ・・・と思っていた時期が、人生の中で確実にありました。
    (数年前)