「マルクス・アウレーリウス」おすすめ作品一覧

「マルクス・アウレーリウス」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/04/26更新

ユーザーレビュー

  • 自省録
    人生の一冊。哲学者を希望しながら俗世で皇帝に成らざるを得なかった著者の立場が強く反映されたストア派の実用書。エリート目線、だけれども、承認欲求を初めとする万人の煩悩を自然の摂理の中でどの様に捉えて行くべきか、といった"よく生きる"ための教えはすんなり入ってくる。快楽主義で生きて来た自分に本書は理性重...続きを読む
  • 自省録
    超良書。

    マルクス・アウレーリウスの強靭な精神力に脱帽。

    終始一貫感謝で書かれた第一巻。
    いかに自身が人との出逢いで学び恵まれているかを書き連ねていることに驚く。



    人生に起こる様々な出来事というのは、
    何ら自身の内に損害を与えることはない。

    全ての出来事をどう判断するかは自身の心である。...続きを読む
  • 自省録
    自分用のメモ書きみたいなものなので,ハッとさせられるような記述がたくさんありはじめは喜んで読んでいたが同じような内容の繰り返しだから後半はすっかり飽きてしまった。しかしこれだけのことを戦いに追われる毎日のなかで自分を保つため必死に書き留めていた人がひとりいたというただその事実だけで何か励まされるよう...続きを読む
  • 自省録
    大昔に書かれた文章なのに、時代を超えて人の心を打つ内容に驚かされました。落ち込み、悩み、迷った時、この本の一文に触れると、力をもらえる気がします。
    一読して終わりでなく、何度も読み返したい本ですね。
  • 自省録
    ローマの賢帝マルクス・アウレーリウスが生きる中で自分に語り掛けるように書いた日記のようなものが自省録である。

    彼は、本当は大勢を指導し強大な権力を行使できる皇帝の立場よりも、一人書斎で沈思し哲学をできる自由人になることを切望しつつ、それが叶わず、それでもなお、自分の哲学に従って政治を行い、ローマの...続きを読む