マルクス・アウレーリウスの一覧

「マルクス・アウレーリウス」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/04/26更新

ユーザーレビュー

  • 自省録
    注釈を踏まえながら、行きつ戻りつ読み進めると、表現は変われども、しかし根底に流れる変わらない思想が見えてくる。

    さながら、マルクス帝の周りで、次々に生じる政治的な問題などに直面した際に、それでも自己の在り方を見失わないために綴られたように思われる。それはまさしく自省録であり、時間に追われながら、忙...続きを読む
  • 自省録
    すごくよかった。

    俯瞰して考えよ、
    分解して考えよ。

    これが一番ずっしりくる。

    古代ローマでも、案外かわらず。
    ひとを愛する、思いやり、死生観(どうせ死ぬんだから、他人がとやかく言うことの何を気にする必要があるか?自分も死ぬが、当然言ってる人も死ぬ)とか。英雄と呼ばれた人たちも結局死ぬ、みたい...続きを読む
  • 自省録
    指導理性に従い、主観を外に放り出して生きよ。
    どうにもならない苦痛で思い煩うな。
    誰が誰よりどうだとか、そんなことがなんだというのだ。
    君に用意された運命を愛せよ。
    善き人間たれ。
    君の生きているうちに人間であることを始めたらどうだ?
  • 自省録
    マルクスアウレリウスがつど思いついたことをメモのように書き綴っている書籍。なので、同じことを何度も書いてある。はじめはつい、普通の本や物語を読むマインドでいてしまったが、しだいにそれが分かると、見方読み方感じ方が分かってきた。そうすると示唆に富んだ面白みがわかる。

    現在の科学からすると?と一部のメ...続きを読む
  • 自省録
    今まで読んだなかでもっと美しい本。
    文学的高みを極めた本は何冊か読んだことがあるけど、これほど愛おしく、無駄ばかりで人間味のある本ははじめて。
    恐らく栗本薫さんのグイン・サーガのアキレウス帝のモデルがマルクス・アウレーリウスだと思われる。
    哲学者の皇帝として仁政で知られるが、到着時代がローマの威光に...続きを読む