あさとえいりのレビュー一覧

  • 愛される貴族の花嫁
    遠野先生の貴族シリーズで2番目に読んだものです。

    家のために亡くなってしまった双子の妹になりすまして攻くんと結婚する受くん。健気でした。
    こう攻くんがかなりぶっきらぼうで無口なんですが優しくてよかったです。無理矢理犯す…は犯すけど暴君っていう感じではなくてですね…。気持ちを伝える言葉を持たないから...続きを読む
  • とまどいの行方
    子どもの頃から大好きな相手と、ただひとつの居場所。その両方を失うかもしれない。なんていう状況は本当に怖かったと思う。直実と知之の間の、今までの関係を変えるのも。大切だからこそ傷つけたくなくて、一歩踏み出すことができないのは理解できるけど、もどかしかった。こうと決めたら真っ直ぐな直実と、色々考えてしま...続きを読む
  • 告白はフルコースのあとで
    あまり熱くなることのないクールな悠里と、自分の考えを曲げようとしない頑固な因近。そんな2人が関わることで、少しずつ変わっていくのが楽しかった。
    好きになったら一直線な因近が悠里のことを大切に思っているのが分かりやすくて、2人が一緒にいるのをもっと見ていたくなった。
  • 愛される貴族の花嫁
    カップリングは奏(伯爵家の跡継ぎ)×一葉(子爵家の跡継ぎ)です。
    BLによくある身代わり花嫁ものです。一葉の双子の妹と母親が車の事故でなくなってしまい、お家の為に女装して嫁ぎます。
    寡黙攻めは私の中では珍しかったのですが、すごい良かったです。
    気に食わないことがあるとお仕置きと称していろいろやっちゃ...続きを読む
  • 愛される貴族の花嫁
    とても面白かったです。
    一気読みでした。

    伯爵家の跡取り奏から、亡くなった双子の妹桃子の代わりに嫁いできて欲しいと頼まれたヒロイン(男・受け)一葉。
    財政的に逼迫している実家の子爵家を立て直すためにと、男の身で女として娶られ扱われる屈辱にも耐えようとします。
    ヒーロー(責め)の奏は怜悧なイケメン。...続きを読む
  • 好きと言えない
    再読。最初の頃の晴の可愛げのなさったら;すごいとんがってる。それぞれ抱えてる想いや事情がわかれば納得できるけど、それまでがなんか辛かったな~。椎崎さんのお約束、すれ違い・誤解がふんだんに織り込まれててややこしい事態になってたけど、それが段々解けていく過程がたまらない。すごい好きー。
  • 愛される貴族の花嫁
    ハッピーエンドが見越せるので安心して読める。昔の見合い結婚の夫婦ってこんな感じから情が湧いていったのかもね。
    とりあえず書生キモイ。
  • きみの背中を見ている
    さくさく読めた。

    自分の気持ちを押し込めてしまう、ちょっと不器用な受け様。
    ずーっと好きだった親友の弟と恋人同士になってからが、彼を思いやってさらに切なくて。

    親友の結婚式に不可抗力で出れなかった上に二次会までもって、そこまでされたら、親友さんはいくら何でも避けられてるとか思わないのかしらね。
    ...続きを読む
  • あの空に落ちてゆく【SS付電子限定版】【イラスト入り】
    面白かった~!設定、お話全部ツボでした。不幸で慎ましく健気に頑張ってる受け!(笑)兄弟モノで、実際半分は血は繋がってるけど、幼い頃以来会ってなかったから兄弟っていう感じは薄かったかも。なんか兄弟モノって、甘やかして可愛がってるか逆に冷たいかに分かれるのかなと思ったり。どっちも萌えるー(笑)吉宗は冷た...続きを読む
  • 告白はフルコースのあとで
    閑静な住宅街に隠れ家的な洋館レストランを想像しながらは、なかなか楽しめました。ゆったりとした雰囲気を楽しめた作品でした。
  • きみの背中を見ている
    【あらすじ】 ずっと好きだった親友の結婚式の日、嶋津一哉は、酔った勢いで見知らぬ男と一夜をともにしてしまう。夢だと思いたい。けれど肌に残る痕がなによりの証拠だった―数か月後、一哉はある事情から親友の弟・西藤成章と同居することになる。成章は一哉がどんなに素っ気ない態度を見せても懐いてきて一哉のペースを...続きを読む
  • きみの背中を見ている
    2009/1/23購入。年下攻。ずっと想っていた親友の結婚式の夜、うっかり一夜をともにした相手はその親友の弟だった――みたいな。バレバレと言えばバレバレなんですが、伏線の張り方とかが相変わらず丁寧で納得出来る展開をされる方です。2段組でびっしりな長さも椎崎作品なら却って嬉しい!
  • 好きと言えない
    2009/1/16購入。椎崎さんらしく受が不幸設定でネガティブ全開なのですが、とにかく突っ張って意地っ張り。かつ、オーバーヒートするとネガティブ暴走タイプ(笑)可愛かったです。対する攻さんはとても我慢強く忍耐強い大人というカプ。大人×成長途中青少年のカプが好きな人にはお勧めかと。読後感は非常に良く、...続きを読む
  • きみの背中を見ている
    ずっと密かに片思いしていた親友の結婚式の夜、酔った勢いで一夜をともにした男は親友の弟だった…。っちゅー、年下攻め本です。おもしろかったですよー。若いってそういうことだよね、って感じで。
  • 愛される貴族の花嫁
    あらすじ:「わたしさえ黙っていれば、誰もきみと妹が入れ替わっていることなど気づくまい」双子の妹である桃子の死が確認された日、一葉は妹の婚約者である滋野井伯爵家の跡継ぎ・奏から、身代わり結婚を申し込まれた。僕は男です、そう断りたかったが、家の存続のため、一葉は桃子として嫁ぐことを決意せざるをえなかった...続きを読む
  • とまどいの行方
    「今日からここが、おまえの家だよ」。祖母の葬式の日、幼い紀野直実の手にのせられた鍵と優しい男の手。あの日から直実はひたむきに、自分の保護者となった外科医の氷室知之を慕い続けていた。優しい時間をともに過ごす二人。しかし直実が高校生になった頃から、知之の態度がどこかよそよそしくなる。とまどいを隠せない直...続きを読む
  • 愛される貴族の花嫁
    死んでしまった双子の妹の代わりに、無口な貴族の美男子のもとに嫁ぐというお話…
    落ちぶれた家を救うために、健気です…
    暴漢から助けるシーンなどハラハラドキドキが満載です。
  • 異国の館に恋の降る
    千尋とフランツの間のすれ違いや誤解。
    生まれた国が違うせいというだけでは説明できない気がする。もし2人が日本人同士でも、焦れったいことになっただろうな。と思えてしまった。
    日本人であることや孤児であることでの差別に立ち向かう千尋と、分かりづらいけれど優しいフランツ。ゆっくりと進んでいく恋は応援したく...続きを読む
  • 追憶のキスを君は奪う
     自分が彼のことを好きなんだ、と思い知らされた人から、結婚の知らせを受けた夜。
     副島穂波は、どうしても誰かに抱かれたかった。
     そんな彼が一夜の相手に選んだのは、年下の男。
     副島は、彼と「キスはしない、今夜一晩だけ」という約束をしてからベッドを共にしたはずだったのだけれど、その男・冽は、その約束...続きを読む
  • ささやきの色彩
    このシリーズ結構好きなんですよねぇ♪ 一番好きなのは工東カップルなんですが、3冊出ていて時間枠がちょっとおかしいですけれど、時間的にはこれが一番最後になるはずなんですよねぇ。私は一番最初に読んだのが"うらはらな予感"だったのですが、そこに出てくる熱川がすっごく気に入っていてどんな相手にはまるのか!っ...続きを読む