鳥海靖のレビュー一覧

  • もういちど読む 山川日本史
    中学・高校時代は歴史は暗記科目にしか見えなくてすごくつまらなかったけど、この本を読むと内容がすごく頭に入ってきた。
  • もういちど読む 山川日本史
    もう一度読む日本史

    ・原始、古代:
    最古の人類;500万年前ラミダス猿人。氷河期;日本列島とアジア大陸は陸続き。ナウマンゾウ等の大型動物を追って日本列島に移住。
    紀元前4世紀頃;大陸文化の影響を受け、九州北部から農耕文化の誕生→生産と階級を生み出す、鉄器、墓、集落
    239;邪馬台国の卑弥呼、九州説...続きを読む
  • もういちど読む 山川日本史
    歴史といえば山川。
    高校の頃はあまり興味がなかったけど,
    社会でいろいろ仕事をしていたり,
    旅行をしていたりすると,
    関係する事に出会うことがある。

    電子辞書には同じく山川の用語集が入っている。
  • もういちど読む 山川日本史
    チェック項目58箇所。邪馬台国の謎。九州?大和?大和朝廷→ヤマト政権。「大和」の表記は8世紀後半の養老令施工後。推古天皇・・・初の女帝。政情不安のとき。蘇我氏の台頭・・・親族を皇族と結婚させて力をつけるがやりすぎて、その親族同士で後継者争いが起きる。聖徳太子・・・厩戸(うまやと)王子。648年始めて...続きを読む
  • もういちど読む 山川日本史
    僕は大学受験の際にこの本にお世話になったのですが高校の現役時代では当時通っていた高校ではこの教科書を採択していなかったので買いました。読み直して「社会の教科書はやっぱり山川だ」という思いを認識。

    これを読んだのは大学受験以来なんですが、まぁ、それは僕が当時通っていた高校で山川の教科書は採択されてい...続きを読む
  • もういちど読む 山川日本史
    みなさん、「大和朝廷」って学校で習いましたよね?
    最古の貨幣も「和同開珎」って習いましたよね?

    実は、今は違うのです。
    その答えがこの本にあります。

    学生時代は、社会科が嫌いで日本史の勉強も
    疎かにしていたのですが、この年になって
    読み直してみると再発見がたくさんあって楽しいですよ。
  • もういちど読む 山川日本史
    あやふやだった知識の整理ができます。

    本屋で見かけて手に取りました。

    これは良いですね。

    手放せません。
  • もういちど読む 山川日本史
    340ページ程度で、日本の歴史を総ざらいすることができます。,でも教科書って「感情」をあまりいれて書くことができないせいか、やっぱり眠くなります。まあしょうがないとは思いますが。,高校のときは現代史をほぼすっ飛ばしたので、読んでいて新鮮でした。
  • もういちど読む 山川日本史
    この厚さにしては、十分読みやすく書かれていると思う。
    短い紙幅で、出来るだけ物語性を持って概要を述べる努力はされていると思う。これ以上分かりやすく、詳細に述べるのは難しいのではないか?

    最終扉は政党年表より普通のカラー年表のほうが嬉しかったが、見開き2ページでは収容が難しいから致し方ない。

    全く...続きを読む
  • もういちど読む 山川日本史
    日本人として改めて歴史を勉強したいと思って手にとった一冊。
    高校の頃の教科書よりは心なしか読みやすかった気がします。これを一度読んだからといって歴史を覚え、理解するのはできませんが、自分の中で大まかな流れはつかめたと思います。
    自分生まれた年も既に歴史の一部に組み込まれていると思うと、年をとったんだ...続きを読む
  • もういちど読む 山川日本史
    学生時代、大っ嫌いだった社会科全般。もちろん歴史も然り。
    ちょっとご縁があり、読んでみたら結構おもしろい。学生時代は山川の教科書(日本史選択)だったけど、記憶にないし、わからないことだらけ。ちょこちょこ調べながら読んだらかなり時間がかかったけど、自分の国のことを知ることは大切だな、と。
    読み終わって...続きを読む
  • もういちど読む 山川日本史
    教養不足を感じ始めたため、あらためて学習し直すために手にとった。
    内容はさすが教科書として使用されているだけあって盛りだくさんにもかかわらず、体系的でわかりやすかった。
    受験勉強同様、一度読んだだけでは頭に入らないので、日本史の基礎として他で触れたらこの本で確認するようにしていきたいと思う。
  • もういちど読む 山川日本史
    少し前に流行った本。高校以来の日本史ということで、改めて読むと懐かしさや新たな発見があって面白い。研究が進んだこともあり当時教えられていた史実と現在で変わっていたりする。足利尊氏や源頼朝の肖像画は今は異なる説となっている。歴史の前後関係や土地の由来など、ある意味、過去を振り返るには良い本。
  • 逆賊と元勲の明治
    明治維新前後から、日清・日露戦争までの政治に関わる本。
    1982年刊行の本の再刊ということで、内容に古い点はあるものの、
    個人の主観が最小限に抑えられ、非常に読みやすかった。
    読み進めると、現代の政治にも通じるところがあり、
    そこを照らし合わせてみても、なかなか面白いのではないかと思う。
  • もういちど読む 山川日本史
    現在、歴史ブームであるが、
    ドラマとしてではなく、事実として歴史を受け入れることも
    大事である。
  • もういちど読む 山川日本史
    妹が使っていた15年くらい前の教科書と読み比べると肖像画が別人と判明していたり、太平洋戦争の記述に違いがあって面白い。高校では日本史を選択しなかったので幕末以降の流れを一気に読めて面白かった。
  • もういちど読む 山川日本史
    高校時代、無味乾燥で本当につまらないと思っていた教科書がこんなにおもしろいなんて!!もっと勉強していればよかったと後悔。
  • もういちど読む 山川日本史
    私が子供の頃に教わった内容が覆されているような記述アリ。
    日本史の再勉強。
    なんとか、やっと終了。
    多分学校ではやらなかった事の方が多いです。
    ニュースとかの方が情報量的に多い。

    史実が当時と違っている事何て 当たり前 なんだと知らされました。

    読んで損はない。
    このバージョンで『世界史』もある...続きを読む
  • もういちど読む 山川日本史
    歴史の教科書である。直近の事柄まで反映されている上に、昔学んだ歴史から変化した分についてもコメントがつぶさに記載されている。最近息子に歴史について質問されることが多く、辞書的に購入したものであるが、日本史の流れを今一度概観するには役に立つ。

    一世帯に一つあっても良い本。
  • もういちど読む 山川日本史
    私は中学の教科書が山川でした。
    今改めて読むとすごくおもしろい。
    韓流時代劇、ドラマ「鹿男あをによし」NHK大河ドラマ、山崎豊子ドラマ「不毛地帯」etc
    いろんなことに興味を持った今だからこそ、あっちを見たりこっちを見たりでおいしい本です。